【私の家政婦ナギサさん】多部未華子の髪型・ロングヘアが可愛い!セットやオーダー方法は?

多部未華子

2020年7月から放送が開始されたTBSの火曜ドラマ「私の家政婦ナギサさん」で、女優の多部未華子さんが主演を務めています。

ふわっとした自然なロングヘアをなびかせ、バリバリのキャリアウーマンを演じる多部未華子さんですが、その可愛い髪型に注目が集まっているようです。

多部未華子さんの髪型について、セットやオーダー方法など、気になる情報を探っていきましょう。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

【私の家政婦ナギサさん】多部未華子の髪型・ロングヘアが可愛い!

多部未華子

ふわっとエアリーなロングヘアの多部未華子さん、たしかに自然で可愛らしいですね。

多部未華子さんと言えばロングヘアのイメージを持っている方も多いと思います。

多部未華子

今回の髪型は、ボリュームはキープしつつも全体的な印象は軽めのロングヘアであることが特徴です。

ロングヘアによって重たい印象を与えないよう、前髪を透け感のあるシースルーバングにすることでバランスを調整しています。

多部未華子

そしてそんな多部未華子さんの髪型を見て、「可愛くて自然」「ビジネスの場面でも大丈夫」「働く女子に最適」と、髪型を真似る女性が増えているそうです。

また、多くの注目を集めている多部未華子さんのヘアスタイルについてどうやってセットしているんだろうという興味の声も多数あがっていました。

 

そこで今回は、ドラマ「私の家政婦ナギサさん」で主役を演じる多部未華子さんの髪型について、セットやオーダー方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

セットやオーダー方法は?

多部未華子

多くの女性から注目を集めていることがわかったドラマ「私の家政婦ナギサさん」での多部未華子さんの髪型ですが、同じ髪型にするにはまず、鎖骨より下・胸のあたりまでの髪の長さが必要です。

既に長さのある方は、すぐに真似できてしまいますね。

美容室

昨今、美容室で芸能人の◯◯さん風にしてくださいとオーダーする方も増えているそうですが、担当した美容師さんがその芸能人のことを理解できておらず、希望通りの髪型になれなかった…と後悔してしまう方も多いそうです。

ということで今回は、美容室でドラマ「私の家政婦ナギサさん」で主役を演じる多部未華子さんの髪型にしてもらうための、オーダー方法について説明します。

スポンサーリンク

オーダー方法

多部未華子

オーダーのポイント

  • 髪の長さを鎖骨より下・胸のあたりまでの長さにカット
  • 毛先が重たくならないように、毛先だけ少しレイヤーを入れてもらい全体的な印象を軽くする
  • 前髪は大人っぽい印象を与えるために、シースルーバングに(おでこが少し見える程度)
  • 色は暗めのダークカラー

ダークカラーのロングヘアは重たい印象を与えがちですが、毛先にレイヤーを入れることや前髪に透け感を与えることで、ふわっとした軽い印象になります。

美容師さんと相談しながら細かい調整をしていくのがポイントとなりますね。

シースルーバング

シースルーバングは、韓国で人気に火がついた色気のある前髪のスタイルです。

今回、多部未華子さんの髪型に近づけるためには、隙間の間隔を狭くしてビジネス向きな前髪にすることがポイントになります。

子供っぽいパッツン前髪でもなく、色気がありすぎるシースルーバングでもなく、ビジネスの場でも使える大人っぽい前髪なので、挑戦もしやすいですね。

スポンサーリンク

セット方法

多部未華子

続いて毎朝のセット方法についてを解説します。

セット方法については、ドライヤーを使用したブローで行う方法と、コテを使用する2つの方法があります。

セットのポイント

<ブロー>

  • 髪全体を根元からしっかりと濡らす
  • 前髪を前におろして乾かす
  • 根元から軽く引っ張り立ち上げながら髪全体を乾かす
  • 8割程乾いたらドライヤーを弱風にし毛先を内巻きになるように乾かす

 

<コテ>※26~32mmのコテが最適

  1. 横髪と後髪をブロッキングする(分ける)
  2. 横髪を更に上下で分け、アイロンをする
  3. 毛先を軽く内巻きに1カールする

巻くことにより髪の長さが短くなってしまうため、長さが足りない人は緩めに巻いて見え方の調整をしましょう。

最後にツヤ感を出すため、ヘアオイルなどを全体的に馴染ませるのも効果的です。

スポンサーリンク

まとめ

【私の家政婦ナギサさん】多部未華子の髪型・ロングヘアが可愛い!セットやオーダー方法は?でした。

ビジネスの場でも気軽に真似できる素敵な髪型でしたね。

そんな素敵なヘアスタイルで活躍する多部未華子さんの今後にも注目していきましょう。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です