堺雅人は発達障害だった?左右盲やゲルストマン症候群との噂を調査!

堺雅人

堺雅人さんといえば、シリアスな演技からコミカルな演技まで幅広くこなす演技派俳優と評価されていますね。

デビュー当時から演技力の高さを高く評価されていましたが、ネット上では発達障害だった?という噂が流れていました。

 

なぜ、堺雅人さんに発達障害だった疑惑が出たのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

中には、左右盲ゲルストマン症候群という聞き馴染みのない言葉も出てきており、真相が気になりますね。

そこで、堺雅人さんの発達障害だったとの情報についてや、左右盲、ゲルストマン症候群との噂について徹底調査していきます。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

 

堺雅人は発達障害だった?

堺雅人

演技派俳優として活躍している堺雅人さんですが、ネット上では発達障害だった?と噂になっていました。

なぜ、堺雅人さんが発達障害だと噂になったのか気になりますね。

 

堺雅人さんは、以前出演したトーク番組『おしゃれイズム』に出演すると、右と左がわからないという衝撃的な告白をしていました。

急に右か左かと言われるとわからない。タクシーに乗って運転手さんに道順を指示するときにも、『そこを右』というときは事前に何度か練習してから伝えています

引用元:https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/10043485/

どうやら急に右が左か言われると判断できなくなるそうで、タクシーに乗る時も事前に練習してから乗車するそうです。

堺雅人

そのほかにも、子供の頃から左と右がわからなかったそうで、母親に絵本で「右から何番目」「左から何番目」と言われても全くわからず、母親は「情けない」と思わず泣き出してしまったそうです。

母親としても、右と左がわからない子供を見て、悲しかったのではないでしょうか。

堺雅人

また、右と左がわからないだけではなく計算もできないそうで、ドーナツ屋でバイトしていた頃は、多めのお釣りを渡していたことがよくあったそうです。

こうしたエピソードを聞くと、堺雅人さんのイメージとはかけ離れているように感じますね。

堺雅人

これらのことがたまに起こる程度であれば、ボケや天然なのではとも思います。

しかし、子供の頃からずっと左右がわからなかったり、計算ができなかったりしているということから、「発達障害なのでは」と噂され始めたのではないでしょうか。

その噂について詳しく調査してみると、左右盲ゲルストマン症候群といった聞き慣れない言葉がありました。

スポンサーリンク

左右盲やゲルストマン症候群との噂を調査!

堺雅人

ここでは、ネット上で噂になっている「左右盲」や「ゲルストマン症候群」について、徹底調査していきます。

左右盲

堺雅人

堺雅人さんの右と左がわからないというエピソードを聞いた視聴者からは左右盲なのでは?との声がありました。

左右盲とは、右なのか左なのか、とっさの判断ができない状態のことです。

堺雅人さんも「右か左かとっさに言われるとわからない」と発言していましたが、まさに左右盲と同じ状態ではないでしょうか。

 

そんな左右盲は、病気や障害として認められたものではないそうです。

左右盲だったという漫画家の三森みささんは、以下のように発言していました。

教育の中で混乱して矯正される機会がなく苦手なだけ

引用元:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/08/news007.html

漫画

漫画

例えば、「同じ右手を上げたとしても対面の人はなぜ手が反対になるの?」といった疑問・混乱したまま過ごしていると、左右盲になる確率が上がるのかもしれません。

そのため、堺雅人さんも子供の頃に思った疑問や混乱を解決できず、そのまま育ってしまった可能性もあり得ますね。

このように、左右盲にはなにかしらの混乱が関係しているのかもしれません。

漫画

左右が苦手な人は、意外と多いようです。

画像のような「右」や「左」以外の言い方であれば、混乱せずにスムーズに理解できるそうです。

スポンサーリンク

ゲルストマン症候群

堺雅人

一方、堺雅人さんに対してゲルストマン症候群かも?という声も見られました。

ゲルストマン症候群とは、脳のある特定の場所に病変が存在することによって起こるものだといわれています、

 

ゲルストマン症候群の症状として、

  • 字が書けない
  • 計算ができない
  • 親指か人差し指かわからない
  • 右か左かわからない

これらが挙げられます。

堺雅人

堺雅人さんは過去に、

  • 計算ができない
  • 右か左かわからない

と発言していたこともあり、ゲルストマン症候群という噂が流れたのでしょう。

 

また、情報によるとゲルストマン症候群は特効的な治療法はないそうで、対処療法で症状を和らげることしかできないそうです。

そのため、堺雅人さんも子供の頃から症状があるとわかっていたものの、現在も治らずにいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、堺雅人さんの発達障害だったとの情報についてや、左右盲、ゲルストマン症候群の噂についてまとめました。

堺雅人さんは子供の頃から、「右と左がわからない」そうで、また「計算ができない」とも発言していました。

これらが原因で、「発達障害なのでは?」との噂が流れたのではと思われます。

 

また、左右盲やゲルストマン症候群の症状に、左右がわからなかったり、計算ができなかったりする症状がありました。

堺雅人さんの症状とも一致しているため、このような噂が流れたのではないでしょうか。

堺雅人さんが発達障害なのか真相は明らかになっていませんが、今後も体調には気をつけてほしいですね。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です