高畑充希の好きなタイプや苦手なタイプは?恋愛観や結婚願望を確認!

高畑充希

スポンサーリンク

女優として数多くのドラマや映画に出演し、舞台や歌手としても活躍している高畑充希さん。

可愛いルックスと高い演技力で人気も高く、さまざまな年齢層から支持されていますね。

 

そんな高畑充希さんの好きなタイプ嫌いなタイプが気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで、高畑充希さんの恋愛観や結婚願望も一緒に詳しく見ていきましょう。

こちらも読まれています。

高畑充希の好きなタイプや苦手なタイプは?

高畑充希

早速ですが、高畑充希さんの好きなタイプや苦手なタイプをそれぞれ詳しくご紹介します。

好きなタイプ

高畑充希

高畑充希さんの好きなタイプは、以下10つが挙げられます。

  • 大人数でいるときに隅っこにいて話さな人
  • 独特な思考とワードセンスがある人
  • 本が好きな人
  • 行動力がある人
  • 別行動しても良い人
  • 優しい人
  • たくさん食べる人
  • 「お前」と呼ばない人
  • やわらかくて可愛がってくれる人
  • 大きい人

高畑充希さんは話していてワードセンスがすごくて、「面白いな」と思う人に魅力を感じるとのこと。

とくに、本が好きな人はボキャブラリーが豊富なので、そこに魅力を感じるのではないでしょうか。

高畑充希

そして1番重要なポイントが、女性のことを「お前」と呼ばない人だと発言していました。

女性からすると、「お前」と呼ばれると「何様なの?」と思いますよね。

実際に高畑充希さんの好きなタイプについて、共感する声も数多く見られました。

また、可愛がってくれて甘やかしてくれる度量がある人が相手だと幸せと発言していたこともありました。

高畑充希さんは仕事で毎日忙しいでしょうし、家では思いっきり甘やかしてくれる人がタイプなのかもしれませんね。

ちなみに、以前は太っている人肩幅が広い人大きい人にも魅力を感じていたそうで、物理的な包容力がある人が好きだった時期もありました。

スポンサーリンク

苦手なタイプ

高畑充希

一方で、高畑充希さんの苦手なタイプは以下2つが挙げられます。

  • 人によって対応が変わる人
  • 上の立場の人に普段見せない笑顔を見せてる人

高畑充希さんは、以前『スカッとジャパン』に出演すると、苦手な相手について語っていました。

番組内の内容は「苦手な女性をぶっちゃけ」だったものの、高畑充希さんは女性に限らずと発言しているので、男性にも当てはまるのでしょう。

高畑充希

高畑充希さんはまず、人によって対応が変わる人が苦手と発言していました。

たしかに人によって優しくしていたり、そっけなくしたりしている人を見ると、良い気分にはなりませんよね。

加えて上の立場の人に普段見せない笑顔で笑っているのを見ると悲しくなると発言していました。

それだけ態度が変わる人が苦手なのでしょうね。

スポンサーリンク

恋愛観や結婚願望を確認!

高畑充希

ここでは、高畑充希さんの恋愛観や結婚願望を確認していきましょう。

恋愛観

高畑充希

高畑充希さんはこれまでに好きな男性ができたとき、周囲の人たちにバレたことがないとのこと。

決して隠そうとしているわけではないものの、上手く好きな気持ちを表現できないのでしょうね。

普段からあまりボディタッチしないそうですが、好きな男性に対してはよりボディタッチしないようにするタイプだと発言していました。

高畑充希さんは恋愛に関しては、シャイな人なのかもしれませんね。

高畑充希

また、一緒にいないときに思い出す人は多分好きと発言していたこともあり、旅行帰りのお土産なども好きな人は必ず最後に渡すとのこと。

とても女性らしくて可愛らしいですよね。

スポンサーリンク

結婚願望

高畑充希

高畑充希さんは以前「結婚したいですか?」という質問に対して、いつかは!と発言していたことがありました。

今すぐに結婚したいというわけではないものの、将来的に結婚したいという気持ちはあるのでしょうね。

高畑充希

そんな高畑充希さんは、かっこいいおばあちゃんになりたいと発言していました。

自身のスタイルを確立しているおじいちゃん・おばあちゃんコンビで、手を繋いで歩きたいとのこと。

とても素敵な夢ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、高畑充希さんの好きなタイプや苦手なタイプ、恋愛観や結婚願望についてまとめました。

高畑充希さんは本が好きな人や優しい人などが好きで、人によって対応を変える人が苦手でしたね。

好きな人ができてもうまく表現できないそうで、恋愛についてはシャイなところがあるようです。

結婚願望もいつかはしたいと発言しており、もしかすると今後結婚を発表するときがくるかもしれませんね。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です