吉高由里子は演技が同じで下手?演技力や評判は?演技うまいとの声も!

吉高由里子

女優として多くの作品に出演している吉高由里子さん。

ネット上では、「演技が同じで下手」という声や「演技うまい!」との声など、評価の分かれる声が見られました。

 

吉高由里子さんはこれまでに主演やヒロイン役も数多く担当していますが、果たして演技力が下手というのは本当なのでしょうか。

そこで、吉高由里子さんの演技力や評判について深堀りしていきます。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

吉高由里子は演技が同じで下手?

吉高由里子

女優として数多くのドラマや映画に出演している吉高由里子さん。

しかし、ネット上では吉高由里子さんの演技が同じで下手との声が見られました。

実際にネット上の声を見てみると、たしかに吉高由里子さんの演技に対して同じ」「下手という声が見られました。

【ドラマ】

  • 『東京DOGS』
  • 『私が恋愛できない理由』
  • 『ガリレオ』
  • 『花子とアン』
  • 『東京タラレバ娘』
  • 『知らなくていいコト』

【映画】

  • 『蛇にピアス』
  • 『カイジ 人生逆転ゲーム』
  • 『僕等がいた』
  • 『真夏の方程式』
  • 『ユリゴコロ』

吉高由里子さんの出演作品を見てみると、数多くの人気作品に出演していますね。

さらに、2008年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、2017年にも日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞

吉高由里子

そのほかにも、ブルーリボン賞新人賞毎日映画コンクール女優助演賞なども受賞しています。

これだけ数多くの賞も受賞しているため、決して演技が下手というわけではない事がわかりますね。

吉高由里子

吉高由里子さんといえば、美人なルックスや少し強気な性格など、さまざまな特徴があります。

中でも、話し方が少し舌足らずな気がすると思う人も多くいるようです。

どの役を演じていても、吉高由里子さん独特の少し舌足らずな喋り方でなので、「演技が同じ」「棒読み」と思ってしまう人が多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

演技力や評判は?

吉高由里子

ここからは、吉高由里子さんがこれまでに出演してきた作品をもとに、演技力や評判について深堀りしていきましょう。

2008年 映画『蛇にピアス』

吉高由里子

2008年9月20日に公開された映画『蛇にピアス』では、初主演を飾りました。

今作品では生きている実感もなく、あてもなく渋谷の街をぶらつく19歳のルイ役を演じています。

『蛇にピアス』で体を張った演技を披露するなど、吉高由里子さんが注目される作品にもなりました。

吉高由里子

ネット上の声を見てみると、演技力がすごい」「セリフが棒読みといった評価が分かれる声が多く見られました。

体を張った演技は高く評価されているものの、視聴者の中にはセリフが棒読みだと感じていた人もいるようですね。

スポンサーリンク

2012年 映画『僕等がいた』

吉高由里子

2012年3月17日に前篇、同年4月12日に後篇が公開された映画『僕等がいた』。

今作品で吉高由里子さんは、ヒロイン役の高橋七美役を演じました。

高橋七美は明るく無邪気で前向きな性格ですが、泣き虫な一面もあり、恋愛もなかなかうまくいかない女の子ですね。

吉高由里子

ネット上では、演技が良い」「演技上手い!といった声が多く見られました。

『僕等がいた』で演じた役が吉高由里子さんのハマり役だったと感じている人が多いようですね。

それだけ吉高由里子さんの演技が魅力的だったということでしょう。

スポンサーリンク

2013年 ドラマ『ガリレオ』

吉高由里子

2013年4月に放送されたドラマ『ガリレオ』では、第2シーズンのヒロイン役である岸谷美紗役を演じました。

第1シリーズでは、柴咲コウさんがヒロイン役を演じ、話題にもなりましたね。

吉高由里子

ネット上では、『ガリレオ』の吉高由里子さんの演技が嫌いといった声か見られました。

第1シリーズでは柴咲コウさんがヒロイン役を務め大好評だったこともあり、第2シリーズてヒロイン役が吉高由里子さんに変わるときも疑問の声が挙がっていました。

そのため、吉高由里子さんを見る目も厳しくなってしまった作品だったのでしょうね。

スポンサーリンク

2014年 ドラマ『花子とアン』

吉高由里子

NHK連続テレビ小説『花子とアン』は、2014年3月から放送されました。

今作品で吉高由里子さんは主人公の安東はな(村岡花子)役を演じています。

吉高由里子

ネット上では、吉高由里子さんは気の強い役をやらせると天下」「演技の下手さが際立つといった評価が分かれる声が見られました。

吉高由里子さんはもともと気の強そうな女性なので、役も気が強い女性の方がハマり役なのかもしれません。

しかし、吉高由里子さんが気の強い役のイメージを持っている人からすると、どの作品の演技も同じに見えてしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2017年 ドラマ『東京タラレバ娘』

吉高由里子

2017年1月から放送されたドラマ『東京タラレバ娘』では、主演の鎌田倫子役を演じています。

鎌田倫子は独身で彼氏もいなく、仕事もイマイチ売れない脚本家という役でしたね。

吉高由里子

ネット上では、コメディの演技もいい」「演技上手いといった声が見られました。

中には吉高由里子さんの演技はそんなに好きじゃないけど、タラレバ娘の演技は好きという人も。

それだけタラレバ娘で演じた鎌田倫子役が、吉高由里子さんにとってハマり役だったのでしょうね。

スポンサーリンク

2017年 映画『ユリゴコロ』

吉高由里子

2017年9月23日に公開した映画『ユリゴコロ』では主演を務め、美紗子役を演じました。

今作品で吉高由里子さんは、第41回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しています。

吉高由里子

ネット上では、サイコパスの演技が凄かった」「引き込まれたといった声が多く見られました。

日本アカデミー賞を受賞したこともあり、『ユリゴコロ』の吉高由里子さんの演技は評判も高かったですね。

スポンサーリンク

演技うまいとの声も!

吉高由里子

吉高由里子さんの「演技が下手」という声がある一方で、演技がうまい!との声も多数見られました。

実際にネット上の声を見てみると、たしかに「演技うまい」という声が多かったですね。

吉高由里子さんはこれまでに多くの役柄を演じていますが、その役柄によって評価が分かれる方なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、吉高由里子さんの演技力や評判を深堀りしました。

吉高由里子さんの演技は評価が分かれるようで、「うまい」という声もあれば「下手」という声もありました。

 

しかし、『タラレバ娘』や『僕等がいた』の評判はよく、役柄によって高い評価を得ている作品もあります。

そんな吉高由里子さんが今後どんな役柄を演じていくのか、注目していきましょう。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です