ぽっこりお腹を隠したい!ワンピでバレない体型カバーコーディネート!

ワンピース

こんにちは。ぽっこりお腹で悩み中のアパレルショップ店員NATSUです。

何がどうなってこんな所にお肉がついたのか。。。

ダイエットしてもなかなかお腹のお肉は落ちない。。。

など、謎が深まるばかりの毎日です。

 

今回は、そんなぽっこりお腹もバレずに簡単に隠せる体型カバーのコーディネートアイテムをご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ワンピでバレない体型カバーコーディネート!

ワンピース

楽ちんにぽっこりお腹が隠せるコーディネートアイテムは、1番簡単なのはなんと言ってもチュニックワンピースです。

着丈の長いものであれば体型を丸々カバーしてくれるので、コーディネートにも悩まず楽ちんに着ることが出来ます。

体型カバーのポイントとしては、デザインや素材に注意していきましょう。

ぽっこりお腹さんの1番の天敵は素材のフィット感です。

 

スポンサーリンク

体型カバー出来る素材は?

ワンピ

基本的にはどの素材でも体型カバーは出来ます。

お好きな素材を選んでもらって全く問題はありません。

しかし、それぞれの素材ならではの特徴もあるので注意点もあります。

 

夏場はサラッとしたアイテムも多いですが、これから冬場向けて出てくるニット素材には要注意です。

いくらオシャレをしてキレイな格好をしていても、ぽっこりお腹が目立ってしまってはせっかくのコーディネートが台無しになってしまいます。

 

ゆったりニットで体にフィットしないものなら大丈夫ですが、ニットは体全体が大きく見える傾向があるので避けたほうが良いでしょう

しかし、そんなこと言ってもニットは温かいし、ニットワンピなども可愛いものが沢山あって着たくなりますよね。

ワンピース

そんな時は糸が細く編み目が細かいもの(ハイゲージニット)をチョイスすると良いでしょう。

糸が太くざっくりと編まれたものより、体のボリューム感が抑えられスッキリと着こなすことができますよ。

 

スポンサーリンク

体型カバー出来るデザインやシルエットは?

ワンピース

素材よりデザインやシルエット選びの方が重要になってきます。

ポイントは、いかにぽっこりお腹を目立たせないかです。

  1. Aライン(フレア)のシルエットのもの
  2. ウエストが絞られていないデザインのもの
  3. 裾がすぼまっているデザイン(コクーン)のもの

これらの条件に当てはまるものであれば基本的にぽっこりお腹はカバー出来ます。

1 Aライン(フレア)のシルエットのもの

ワンピース

Aライン(フレア)のものは、裾に向かって広がっていくデザインなのでお腹周りを丸々カバー出来ます。

更には、裾幅が広いことで上半身を華奢にも見せてくれるんですね。

Aライン(フレア)のワンピースやチュニックは、柔らかい可愛らしい印象になります。

可愛らしいのはちょっと。。。という人は、Aライン(フレア)のシルエットでも落ち感のある素材のものを選びましょう。

広がりを適度に抑えて可愛らしい甘い印象をカバーしてくれます。

2 ウエストが絞られていないデザインのもの

ワンピース

チュニックやワンピースでウエストが絞られているものは、女性らしさが出て素敵ですよね。

しかし細いウエスト部分を強調することで、ぽっこりお腹でなくてもお腹が出て見えてしまうことが多いです。

なので、できるだけウエストが絞られていないデザインの物を選ぶと良いでしょう

 

とはいえ、実際には女性らしいワンピースはウエストが絞られているデザインのものがとても多く販売されています。

気に入ったワンピースを、ウエストが絞られているだけで諦めてしまうのは勿体ないですよね。

そんな時は、絞られている位置に注目してください。

絞りの位置がハイウエスト胸下など高い部分にあれば、ぽっこりお腹はカバー出来ます。

しかし、絞りが高い位置だと胸が強調されてしまうため、胸の大きい人は要注意です。

 

切り替えのデザインが入っていても実際には絞られていない(シェイプされていない)場合もあります。

どれくらいウエストが絞られているかでお腹の目立ち具合は変わってきますので、色々と試してみましょう。

3 裾がすぼまっているデザイン(コクーン)のもの

ワンピース

Aライン、フレアの可愛らしいタイプが苦手な人は、裾がすぼまったコクーンのデザインの物がおすすめです。

身幅がしっかりあるデザインのものが多く、ぽっこりお腹をカバーしつつ、スッキリとした印象に見せてくれます。

 

私も可愛らしいタイプや甘いタイプが苦手なので、コクーンタイプやまっすぐなストレートラインのものを愛用しています。

可愛らしいAライン(フレア)のデザインでも、テロっとした落ち感のある素材なら甘さをカバー出来ます。

黒や紺など濃いカラーでもAライン(フレア)の甘さは抑えることが出来ます。

色や素材でもぽっこりお腹をカバー出来る部分は大きいので、色々と試してみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ぽっこりお腹を隠したい!ワンピでバレない体型カバーコーディネート!でした。

ハリ感のある素材のものや、落ち感のある素材のものなど、素材によって見え方や雰囲気が全く変わってきます。

色の濃いものだったり、柄物でも体型をごまかすことができちゃいます。

自分に合った細見えスタイルを発見していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です