上野樹里は演技が下手?演技力や評判は?演技上手い、凄いとの声!

上野樹里

スポンサーリンク

女優として、たくさんの映画やドラマの作品に出演している上野樹里さん。

ネット上では上野樹里さんの「演技が下手」や「演技上手い!」、「凄い!」など評価の分かれる声が見られました。

上野樹里さんはこれまでにも、主演やヒロインを始め、コミカルな役からシリアスな役と幅広い役柄を演じ、その演技力を各作品に残してきました。

気になる上野樹里さんの演技力について、探っていきたいと思います。

こちらも読まれています。

上野樹里は演技が下手?

上野樹里

数多くの作品に女優として出演し、2020年もテレビドラマ『テセウスの船』に出演していました。

しかしネット上では「上野樹里の演技が下手」との声が見受けられました。

「演技が下手」と言う声は確かにネット上にありました。

【ドラマ】

  • このミステリーがすごい! ベストセラー作家からの挑戦状 「リケジョ探偵の謎解きラボ」
  • 家族ノカタチ
  • オリガミの魔女と博士の四角い時間
  • グッド・ドクター
  • 監察医 朝顔
  • テセウスの船

【映画】

  • コドモのコドモ
  • キラー・ヴァージンロード
  • のだめカンタービレ 最終楽章 
  • 陽だまりの彼女
  • ビューティー・インサイド
  • 青空エール
  • お父さんと伊藤さん

上記はほんの一部ですが、上野樹里さんは今まで沢山の作品に出演してきました。

上野樹里

それだけでなく、2004年に映画で初主演をした『スウィングガールズ』で第28回(2004年度)日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞しました。

同年に他作品で新人賞受賞、最優秀新人賞を受賞したほか、数々の主演女優賞などを受賞してきました。

最近では2019年に『監察医 朝顔』にて主演女優賞を受賞しています。

 

多数の作品に出演しているだけでなく賞も多くとっているので、決して演技力が下手ではないということがわかりますね。

上野樹里

その他にも「滑舌があまり良くない」と言う意見があったり、原作の漫画のファンが多かった『のだめカンタービレ』での役の印象が強すぎて、見る人によっては違和感があったりするのかもしれませんね。

スポンサーリンク

演技力や評判は?

上野樹里

上野樹里さんが今まで出演した作品をもとに、演技力や評判を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2004年 映画『スウィングガールズ』

上野樹里

2004年9月11日に公開された上野樹里さんが映画で初主演を務めた『スウィングガールズ』では、落ちこぼれ主人公のミスで食中毒で入院させてしまった吹奏楽部に代わり、野球部の応援をジャズで演奏する鈴木友子役をこなしました。

上野樹里さんは兵庫県加古川市出身ですが、役のために山形弁をうまく話していたんですね。

ネット上では「演技うまいし、可愛い」と演技が上手なだけでなく可愛いと絶賛されています。

スポンサーリンク

2005年 映画『亀は意外と速く泳ぐ』

上野樹里

2005年7月2日に公開された、上野樹里さんが主演の『亀は意外と速く泳ぐ』では、平凡な主婦がある日偶然「スパイ募集」という張り紙を見つけ、スパイとして生活をする片倉スズメ役を演じました。

上野樹里さんの「演技がすごく上手い」と言われる一方で、「演技がつたない」と思う方もいたみたいですね。

初出演が2002年のドラマ『生存 愛する娘のために』で、女優として3年目だからそう思った方もいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

2006年 『のだめカンタービレ』

上野樹里

2006年10月に放送されたドラマ『のだめカンタービレ』では、野田恵役を演じました。

原作の漫画からドラマ化や映画化となった場合、原作のイメージが強すぎるためにキャストが原作に合う、合わないなど評価が厳しくなります。

そんな中、上野樹里さんは見事に漫画の原作のまんまの「のだめ」を演じ切りました。

上野樹里さんは第51回(2006年10月期)ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞と、エランドール賞新人賞を2つ受賞しました。

スポンサーリンク

2011年 ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』

上野樹里

2011年に大河ドラマ江戸幕府第2代将軍、徳川秀忠正室を主演として演じた上野樹里さん。

幼少期のシーンも子役を使わずに、当時24歳の上野樹里さんが演じました。

上野樹里

上野樹里さんの演技に否定的な意見の一方で、「演技がうまい」という意見もあります。

ご覧の通り賛否両論があり、意見が分かれていますね。

24歳の上野が演じるなど、三姉妹の少女期に子役をほとんど使わず20代から30代の女優が演じる点や、大河ドラマらしからぬ演出や台詞については、「時代劇なのに(上野が主演した)『のだめカンタービレ』にしか見えない」「子供っぽくて漫画チック」「ファンタジー大河」などの声が少なくない[6][7][8][9]。これに対してNHK側は「幼少期を子役ではなく上野が演じるのは、江の成長を視聴者が見て、感情移入を強くしてもらうため」「しゃいだシーンが多いのは、子供時代であるから。大人になれば新たな展開になる」と返答した。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E3%80%9C%E5%A7%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%9B%BD%E3%80%9C

視聴者により感情移入してもらうように、あえて子役を使わずに幼少期も大人が演じたことが返って視聴者からの違和感を強くしてしまったようですね。

『のだめカンタービレ』の印象が強い視聴者の中には、幼少期役の上野樹里さんのはしゃいだ演技が、のだめカンタービレの役に見えてしまったようです。

そのことから、時代劇らしい江の役に見えずに「演技が下手」と思われてしまったようです。

スポンサーリンク

2014年 ドラマ『アリスの棘』

上野樹里

連続ドラマには7年ぶりに主演として出演しました。

医療ミスで父を亡くし、その復讐をする水野明日美役を演じています。


上野樹里
アリスの棘では演技力の高さを褒める声が目立ちました。

実際にこの画像の表情、雰囲気を見てもその役になりきっていて、演技力の高さがうかがえますね。

スポンサーリンク

2016年 映画『お父さんと伊藤さん』

上野樹里

上野樹里さんとリリー・フランキーさんが演じる役は、20歳差の年の差カップル。

そこにある日突然お父さんが一緒に住むことになり・・という人間ドラマの主演、山中彩に抜擢された上野樹里さん。

上野樹里

『お父さんと伊藤さん』の演技ではとても自然な演技をしていて、はまり役とまで言われていますね。

涙を流すシーンの演出も合わさって、より演技力が魅力的だったようです。

スポンサーリンク

2019年 ドラマ『監察医 朝顔』

上野樹里

2019年7月から放送された『監察医 朝顔』では『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりの主演を務めました。

上野樹里さんは「誰かの生きた証」を見つけるため、捜査で遺体の謎を解き明かしていく監察医、万木朝顔を演じています。

女優歴が17年になるからでしょうか、絶賛している声が多く見られました。

演技が上手で、感情移入し泣いてしまった方もいるようですね。

素晴らしい女優さんだと言えると思います。

上野樹里

第9話最大の山場として約10分間にもわたって描かれ、台本では7ページにもおよび、ほとんどが朝顔のセリフとなる。撮影本番では、10分間の長セリフを一度も間違えずに演じきった上野。さらに朝顔からの思いを受け取る牛島を演じる望月、その2人を囲む志田、中尾、平岩、板尾ら全員が圧巻の演技を披露する。平野眞監督から「OK」の声がかかったあとも、芝居を目の当たりにした制作スタッフからは、すすり泣く声が漏れていたという。

引用:https://www.fujitv-view.jp/article/post-232589/

番組を制作していたスタッフが目の前でその迫真の演技を見て、感情移入し泣いてしまうほど圧巻の演技だったそうです。

制作スタッフもそのシーンを見て泣いてしまうのですから、完成されたドラマを見ている視聴者達はより感情が入り泣いてしまいますよね。

演技力が高いからこそ、見る人に感動を与えられるんですよね。

またこの作品で第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・主演女優賞を受賞しています。

スポンサーリンク

2020年 『テセウスの船』

上野樹里

上野樹里さんは主人公の妻役と、主人公がタイムスリップした後は記者の役を演じています。


上野樹里

この作品もネット上では「素晴らしい演技で泣かされた」、「涙の演技が素晴らしかった」と演技力の高さを褒める声が多く見られました。

スポンサーリンク

演技上手い、凄いとの声!

上野樹里

上野樹里さんの「演技がうまい」、「下手」と色々な声がありました。

ネット上を見た感じでは、やはり数々の賞を受賞しているだけあって「演技が上手」という声の方が圧倒的に多かったですね。

演技力が高いがゆえに、視聴者側に前作の役のイメージが強く残っていると、その影響で違和感があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は上野樹里さんの演技力や評判について深く見てみました。

上野樹里さんの演技は評価が分かれるようですが、「演技が下手」と言う声がある一方で「演技が上手と言う声の方が圧倒的に多かったです。

視聴者側が上野樹里さんの前作のイメージが抜けていなかったり、演技以外の脚本や演出次第では上野樹里さんの演技力が視聴者にあまり伝わらないようですね。

 

比較的演技が下手という声が多かった大河ドラマ江〜戦国の姫たち〜については、幼少期を大人の上野樹里さんが演じていた違和感や台詞自体に違和感があったり、演技以外での違和感を上野樹里さんの演技として評価していたように感じられました。

これからどんどん女優の経験を積み上げていく上野樹里さんから、今後は更に目が離せなくなってきますね。

今後どんな役を演じるのか注目していきましょう。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です