星野源の学歴・出身大学はどこ?幼稚園や小学校、中学、高校時代のエピも!

星野源

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で大人気になった星野源さん。

そんな星野源さんは、学生時代にパニック障害を患った経験があることを自ら話しています。

パニック障害やバンドの経験など、今の星野源さんに繋がるきっかけが学生時代にありました。

今回は、星野源さんの学歴や出身学校、学生時代のエピソードついて詳しく探ってみましょう。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

 

幼稚園や小学校、中学、高校時代のエピソード!

星野源

星野源さんといえば、俳優業も音楽活動もこなす天才肌なイメージが強いですが、出身中学や出身高校はどこだったんでしょうか。

星野源さんは、埼玉県蕨市生まれの川口市育ちです。

ではさっそく、1981年1月28日生まれの星野源さん「幼稚園~高校までの経歴・エピソード」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

しば幼稚園

しば幼稚園

星野源さんが通っていた幼稚園は「しば幼稚園」です。

しば幼稚園

星野源さんのライブに花が送られていたことで、出身幼稚園は「しば幼稚園」だと判明しています。

星野源さんをずっと応援してくれる姿に、感動するファンも多かったようです。

星野源

星野源さんの記憶では、幼稚園の先生に「オバQ音頭」という当時流行っていた曲を流してもらい、踊り狂っていたんだとか。

このエピソードからも、星野源さんは幼少期ひょうきん者だったことが考えられますね。

スポンサーリンク

川口市立前川小学校

前川小学校

星野源さんは、1987年に公立高校「川口市立前川小学校」に入学しています。

星野源

当時はマイケル・ジャクソンの大ファンだったそうで、マイケル・ジャクソンの真似なんかもしていたそうです。

そして、冒頭で述べた「パニック障害を患った理由」は、小学生時代にありました

星野源

元々お腹が弱い自覚があった星野源さんが小学校3年生の時、学校行事のマラソン大会の日の出来事です。

当日マラソン大会中にも関わらずお腹を下してしまった星野源さんは、同級生の前で下痢を漏らしてしまったそうです。

ついたあだ名は「う◯こ」

星野源

以降、星野源さんは同級生に馴染むことができず、いじめの対象となり、学校に通えなくなってしまいました。

パニック障害を患い、精神科にも通い安定剤の処方も受けていたそうです。

星野源

パニック障害とは、突然動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作が起き、生活に支障が出てしまう病気です。

大人でも辛いこの症状を、小学3年生の時に受けていたという星野源さん。

とても苦しい小学生時代だったことが伺えます。

スポンサーリンク

自由の森学園中学校

自由の森学園

小学生でパニック障害を患い学校に馴染めなくなった星野源さんですが、1993年「自由の森学園中学校」に進学しています。

偏差値は37~38。

 

自主性を尊重する教育方針で、自由な校風なのが有名な中学校です。

金髪OK・制服なし・校歌・校章なし・定期テストなどがなく成績は自己評価と教員によるコメントのみで決まるんだとか。

小学生でパニック障害を患った星野源さんですから、親御さんとも相談の上、通いやすさを重視して進学したことが考えられますね。

星野源

ちなみにこの頃、髪型について規制がなかったこともあり、星野源さんは腰のあたりまで髪を伸ばしていたんだとか。

本人もメガネをかけたロン毛で、見た目は完全に宅八郎だったと話しています。

宅八郎

宅八郎さん

またそんな見た目だったこともあり同級生からは「おじいちゃん」と呼ばれ、デパートでは中学生にも関わらずクレジットカードの勧誘を受けたこともあったと話していました。

星野源

音楽を始めたのは中学生時代で、始めたキッカケは周りの友人が始めだしたからなんだとか。

星野源さんが中学1年生の時に楽器演奏が流行り、ジャズピアニストを目指していた父親に楽器を貸してほしいと頼んだところ、ギターを譲り受け、ギターを弾くことになったそうです。

星野源

現在俳優としても活躍中の星野源さんですが、中学生時代から演劇にも興味がありました

しかし通っていた学校に演劇部がなかったため、演劇については自主的に趣味として行っていたんだとか。

ちなみに、長かった髪の毛は中学校3年生で切ったんだそうですよ。

スポンサーリンク

自由の森学園高等学校

自由の森学園

中学校を卒業した星野源さんは、1996年に一般受験等はせず系列校である「自由の森学園高校」に内部進学しています。

偏差値48。

この学校を卒業した有名人は、タレントのユージさん、浜野謙太さん、ミュージシャンの田中馨さんやハナレグミさんがいます。

星野源

当時は女子と話すのが苦手だったそうで、パニック障害もたまに発症していたそうです。

日本民族舞踏部に少しの期間在籍していましたが、高校3年生のときに学校生活がうまくいかず精神的に追い詰められた星野源さんは、3ヶ月ほど不登校になってしまいました。

通院や薬のおかげもあって、再度学校に通うことができるようになった星野源さんに転機が訪れます。

浜野謙太,星野源

久しぶりに登校した星野源さんに、同級生が「バンドをやらないか?」と声をかけバンド活動をスタート。

卒業後には“SAKEROCK”というバンドを結成します。

SAKEROCK

※このバンド「SAKEROCK」は後にメジャーデビューもしました(現在は解散済)。

クラスの人気者に作曲を頼まれたことをキッカケに曲作りの楽しさも経験し、星野源さんの音楽的活動が加速していきます。

また、この頃「ハナ肇とクレージーキャッツ」という歌手グループの楽曲「だまって俺についてこい」の歌詞にある「そのうちなんとかなるだろう~」に励まされ、パニック障害も克服していきます。

星野源

このことを星野源さんは、テレビ番組「情熱大陸」でこのように語っていました。

当時の自分は完全に絶望していて、俺はこれから完全に狂ってしまうんだと思ってたときに、『そのうちなんとかなるだろう』ってあの声で歌われたときに、これを信じるしかないというか。(中略)自分にとっては、物凄い命綱みたいなもんだった

中学でギターを始めたこと、バンドに誘われたこと、「だまって俺についてこい」を聴いたこと、このどれか一つでも欠けていたら今の星野源さんは居なかったかもしれないんですね。

スポンサーリンク

星野源の出身大学はどこ?

星野源

高校を卒業した後、星野源さんは大学へは進学していません

大阪芸術大学へ進学希望をしていたそうですが受験に失敗してしまい、音楽活動に専念したいという気持ちも芽生え、どの大学にも進まず、実家を出て一人暮らしを始めます。

星野源

実家を出た後は、東京都中野区にある沖縄料理のお店でアルバイトをしながら生活していたそうです。

お金がなかった星野源さんは、お店で出している料理の煮汁を持ち帰りつけ麺にして食べたり、お店の塩を盗んだりしてしまったこともあったんだとか。

今では売れっ子の星野源さんですが、こんな過去があったんですね。

スポンサーリンク

まとめ

星野源の学歴・出身大学はどこ?幼稚園や小学校、中学、高校時代のエピも!について探ってみました。

星野源さんが、小学生の頃からパニック障害を患っていたのは驚きでしたね。

現在は完全回復されているようで良かったです。

今後の星野源さんの活躍にも期待していきましょう。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です