【特定】木下博勝がパワハラをした病院の場所はどこ?立川のアイコールメディカル!

木下博勝

ジャガー横田さんの夫である医者の木下博勝さんが、勤務先の病院でスタッフにパワハラをしていたと週刊文春が報じました。

木下博勝さんのパワハラがひどく、この2年間でドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

パワハラを受けたAさんは、訴訟の準備を進めていて慰謝料300万の損害賠償請求もしており2019年12月16日付で内容証明を送っていることがわかりました。

今回は、木下博勝さんがパワハラをしていた病院の場所はどこなのか、気になる情報を探っていきたいと思います。

 

こちらも読まれています。

 

スポンサーリンク

木下博勝のパワハラがひどい!

木下博勝

ジャガー横田さんの夫である、医師の木下博勝さんが勤務先の病院でパワハラをしていることがわかりました。

被害を受けたAさんは、2年間木下博勝さんのパワハラに耐えてきたようです。

そのパワハラは、理不尽なものばかりで時には患者さんの前で怒鳴られる事もあったとのこと。

  • 毎日のように高圧的に怒鳴られ続ける
  • 頭を小突かれたり蹴られたりすることも日常的にあった
  • 車のドアの閉める音に対して恫喝される
  • 気に食わない運転されると「俺を誰だと思っているんだ!」と怒鳴られる
  • 患者の前でも「お前、ふざけんなよ!」と怒鳴られる
  • 訪問診療に行くときの『木下セット(専用スリッパ、クッション、にっぽん烏龍2本)』が用意されていないと不機嫌になる
  • 木下セットのお茶が用意出来なかった時には、2時間患者を待たせてお茶を買いに行かせていた
  • 書類仕事は他の先生に押し付けていた
  • 患者に同僚の先生の悪口を言う

かなり多くのパワハラをしていることがわかります。

このパワハラのせいで、7名ものスタッフが辞めていきました

辞めたスタッフの中には自殺未遂に至ったスタッフがいたこともわかっています。

患者の前で怒鳴ったり他の医師の悪口を言っていたことで、次第に患者から「木下先生に診察してもらいたくない」と病院へクレームも入るようになりました。

木下博勝

「スタッフへのパワハラや患者さんからのクレームが問題になっていますと伝え、辞めてくれないかとお願いしました。すると木下先生は『なんでそんなひどいことを言うの?』と自分には非がないという態度で、なかなか辞めてくれなかった。それでも退職を求め続けた結果、なんとか2019年8月31日での退職が決定しました。しかし木下先生は周囲に『(勤め先の)鎌倉女子大学から他の仕事はするなと言われたから辞めた』と話しているようです」

引用:https://bunshun.jp/articles/-/20205?page=5

木下博勝さんは、自分は悪くないということでなかなか退職してくれなかったようです。

3ヶ月経ってようやく退職したものの、周囲にはパワハラのことは隠していました。

木下博勝さんは「事実無根」とパワハラを否定しています。

スポンサーリンク

【特定】木下博勝がパワハラをした病院の場所はどこ?

木下博勝

木下博勝さんが勤務していた病院は、いくつかの特徴がありました。

  • 「医療法人社団 颯心会」が経営する病院
  • 2017年4月~2019年8月31日まで勤務
  • 訪問診療がメイン
  • 患者の容体が急変した場合に24時間体制で対応できる「オンコール」という制度を採用

「医療法人社団 颯心会」が経営する病院から、木下博勝さんが勤務していた病院は『アイコールメディカル在宅クリニック』か『茜在宅クリニック』のどちらかに絞られます。

木下博勝

ネットでは、アイコールメディカル在宅クリニックの院長として紹介されていました。

木下博勝さんが勤務していた颯心会の病院はアイコールメディカル在宅クリニックで間違いないでしょう。

スポンサーリンク

アイコールメディカル在宅クリニックと特定!

木下博勝

木下博勝さんが勤務していた病院は、立川にあるアイコールメディカル在宅クリニックだということがわかりました。

木下博勝さんはクリニックの院長として勤務していたようです。

木下博勝

木下博勝さんは、現在もいくつかの病院で勤務しているようですが、全国で講演会の活動をしていたりメディアにも頻繁に出演していて、かなり忙しくされています。

本人は否定していますが、今回のパワハラ報道で仕事への影響が少なからずあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

【特定】木下博勝がパワハラをした病院の場所はどこ?立川のアイコールメディカル!でした。

ニコニコしていて良い人のイメージが強かっただけに、パワハラは衝撃的な報道でしたね。

今後の木下博勝さんの動きに注目していきましょう。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です