多部未華子の生い立ち・幼少期からデビューまで!きっかけはアニー!

多部未華子

多部未華子さんといえば、容姿が可愛く演技派女優として人気のある女優ですね。

これまでに『君に届け』や『大奥』など、人気作品にも多数出演しています。

 

そんな人気女優の多部未華子さんの生い立ちや、幼少期からデビューまでどんな人生を送っていたのか気になる方もいるのではないでしょうか。

デビューのきっかけは『アニー』だったという情報もありますが、真相が気になります。

そこで、多部未華子さんの生い立ちや幼少期からデビューまで、デビューのきっかけについても詳しく紹介していきます。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

 

多部未華子の生い立ち・幼少期からデビューまで!

多部未華子

今では日本を代表する女優へ成長した多部未華子さんは、幼少期からデビューまでどんな過ごし方をしてきたのでしょうか。

多部未華子さんは、1989年1月25日に生まれ、東京都で育ちました。

多部博之

父親・母親・兄の4人家族で、父親は音響ディレクターとして活躍している多部博之さんという方です。

業界ではかなり有名な方のようで、そのほかにも声優学校の講師としても活躍しています。

多部未華子

多部という苗字はなかなか聞かないかと思いますが、実は日本国内でおよそ230人しかいない珍しい苗字でした。

多部という苗字は和歌山県に多いそうで、そこから多部未華子さんの実家は和歌山県にあるのではないかと噂されるようになります。

そこで詳しく調査してみると、どうやら実家ではなく祖父母の家が和歌山県にあるようですね。

多部未華子

そんな多部未華子さんは幼少期から両親、兄ともとても仲が良いそうで、家族に隠し事は一切しないそうです。

恋愛のことについてもよく話すそうで、それだけ家族間の距離が近いということでしょうね。

多部未華子

多部未華子さんは、理想の夫婦像を聞かれると自分の家族を引き合いに出して、家族の絆が大切であることを話したそうです。

それだけ幼少期から家族関係が良好で、多部未華子さんは家族のことを大切に想っているということでしょうね。

多部未華子

幼少期はピアノジャズダンス、さらには水泳など、さまざまな習い事をしていたそうです。

また、両親の影響もあり幼少期からよく新喜劇を観に行っていたそうですね。

そのため、小学校のときの夢はアナウンサーかお笑いタレントになりたかったと発言していました。

女優ではなかったものの、この頃から芸能界には興味があったということですね。

スポンサーリンク

デビューのきっかけはアニー!

多部未華子

小学校の頃から芸能界に興味があった多部未華子さんは、小学5年生のときに『アニー』の舞台を観にいきました。

そのときに衝撃を受けたそうで、私もアニーの舞台に立ちたいと思ったそうです。

多部未華子

その後小学5年生から中学2年生まで、『アニー』のオーディションを受け続けたそうですが、残念ながら受かることはできませんでした。

しかし、多部未華子さんはそこで金の卵ウォッチャーから芸能事務所を紹介されたそうです。

ちなみに「金の卵ウォッチャー」とは、今後売れるのではないかという子を応援するものですね。

それだけ多部未華子さんの今後に期待できる何かがあったということでしょう。

多部未華子

紹介された事務所は現在も所属している、ヒラタオフィス(のちにヒラタインターナショナルへ社内移籍)という大手芸能事務所でした。

ヒラタオフィスは多部未華子さんをミュージカル女優としてではなく、女優やモデルとして育てたいと考えたそうです。

多部未華子

その後、多部未華子さんは2002年に芸能活動をスタートさせました。

女優デビュー作品は、Janne De Arcの『Rainy〜愛の調べ〜』のPV出演でした。

また、『HAPPY!HAPPY!スペシャル』でドラマ初出演も果たします。

『アニー』の舞台ではなかったものの、デビューできたときは嬉しかったのではないでしょうか。

多部未華子

2003年には、オーディションで1000人の中から抜擢され、映画『HINOKIO』のメインキャストである工藤ジュン役を演じます。

『HINOKIO』と『青空のゆくえ』で素晴らしい演技を披露した多部未華子さんは、2005年にブルーリボン賞新人賞を受賞しました。

デビューしたばかりでこれだけ活躍できるということは、それだけ多部未華子さんの持つポテンシャルが高かったのではないでしょうか。

多部未華子

その後多部未華子さんの知名度はどんどん上がっていき、NHK連続テレビ小説『つばさ』の主演を務めます。

2010年にはエランドール賞新人賞を受賞しました。

その後も『デカワンコ』『大奥』『君に届け』など、人気作品に出演するようになり、気づけば日本を代表する女優へ上り詰めていましたね。

多部未華子

『アニー』の舞台で輝くことはできなかったものの、多部未華子さんは今やドラマや映画、CMなど幅広く活躍しています。

また、2012年からは年に数本舞台にも出演しており、今後も多くの作品に出演していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、多部未華子さんの生い立ちや幼少期からデビューまでの道のり、デビューのきっかけについてまとめました。

多部未華子さんは幼少期から家族と仲が良く、今でも良い関係が続いているそうですね。

 

そんな家族想いの多部未華子さんは、小学5年生の頃に『アニー』を観たことがきっかけで、芸能界へデビューすることになります。

残念ながら『アニー』の舞台には立てなかったものの、女優として多くの作品に出演し、日本を代表する女優へ成長していきましたね。

そんな多部未華子さんを、今後も応援していきましょう。

 

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です