浜辺美波の生い立ち・幼少期から現在まで!デビューのきっかけも!

浜辺美波

スポンサーリンク

今回は、浜辺美波さんに関する話題をお届けします。

ドラマや映画で活躍する浜辺美波さんですが、どのような生い立ちで育ってきたのでしょうか?

幼少期から現在までのエピソードや、デビューのきっかけについて詳しくお話しします。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

浜辺美波の生い立ち・幼少期から現在まで!

浜辺美波

浜辺美波さんといえば、CMやドラマなど多方面で活躍する人気女優です。

そんな浜辺美波さんですが、幼い頃はどんな女の子だったんだろう?と生い立ちや幼少期のエピソードに注目が集まっているようです。

幼少期から現在に至るまでの経歴をご紹介します。

スポンサーリンク

幼少期のエピソード

浜辺美波

浜辺美波さんが生まれたのは、今から22年前の2000年8月29日です。

幼い頃の浜辺美波さんは、両親が共働きでおばあちゃんと一緒に過ごす時間が多く、寡黙な読書好きの女の子でした。

本を読むと母親が褒めてくれたことから、読書好きになったそうです。

今でも音読が得意なんだとか。

浜辺美波

幼少期には絵本『モーツァルトの生涯』が、小学校に上がってからは『マジックツリーハウス』が特に好きだったといいます。

幼い頃から両親が共働きというのは寂しかったでしょうし、おばあちゃんの存在は浜辺美波さんにとって、とても大きかったのではないでしょうか。

通っていた保育園は不明となっています。

スポンサーリンク

小学生時代のエピソード

浜辺美波

続いて、浜辺美波さんの小学生の頃のエピソードをご紹介します。

浜辺美波さんは、2007年4月に『津幡町立条南小学校』に入学し、2013年3月に卒業しています。

小学生の頃、浜辺美波さんは学級委員長を務めていましたが、その一方で集団行動が苦手で友達があまりいなかったそうです。

机ごと廊下に出されたという辛い思い出もあり、小学1~3年の頃は学校が嫌だったといいます。

浜辺美波

また女子があまり好きでなく、遠足や修学旅行などみんなで過ごすイベントが苦手だったとも明かしています。

幼少期同様に寡黙な性格で、休みの日には一人で読書をしていることが多かったそうです。

浜辺美波

運動は苦手でしたが、弟と一緒に虫取りをするなど活発な一面もありました。

当時の将来の夢は歯科医だったそうです。

スポンサーリンク

中学生時代のエピソード

浜辺美波

浜辺美波さんは、小学校を卒業後、中高一貫校の石川県立金沢錦丘中学校へ進学しています。

2013年4月に入学し、2016年3月に卒業しています。

偏差値は56と、やや高めです。

実は石川県には受験できる学校が4校のみで、同校はその中でも2位の学力を誇っています。

浜辺美波

錦丘中学校は最寄り駅から電車で15分とちょっと距離があるので、当時は毎朝早起きしなくてはいけなくて大変だったそうです。

部活は吹奏楽部に入り、フルートを担当していましたが、楽譜を読むのが苦手だったといいます。

浜辺美波

また、すでに芸能界デビューしていた浜辺美波さんは当時激しい反抗期のさなかにあり、仕事で何日か学校を休むと学校に行くのが嫌になってしまったんだとか。

そのせいで両親と喧嘩し、父親が無理やり車に押し込んで学校に行かせたなんてエピソードも。

芸能の仕事をしながら通学するのは体力的にも精神的にも辛かったと思いますが、ご両親と喧嘩しながらもきちんと卒業して偉いですね。

スポンサーリンク

高校時代のエピソード

浜辺美波

錦丘中学校に通っていた浜辺美波さんは、そのままエスカレーター式で高校に進学することも可能でしたが、既に芸能のお仕事をしていたため堀越高等学校 普通科トレイトコースに進学します。

堀越高等学校の偏差値は38です。

2016年~2019年に在籍していました。

浜辺美波

同期には以下のような芸能人がいます。

  • 橋本涼
  • 井上瑞希
  • 尾崎真花
  • 井頭愛海

堀越高校では校則で恋愛を禁止されており、当時の浜辺美波さんは芸能活動も多忙で単位を取るだけの日々を送っていたそうです。

学校行事への参加も消極的でした。

浜辺美波

ちなみに高校時代の出演ドラマはすでに13本を誇っています。

浜辺美波さんはその後大学には進学せず、高卒となっています。

多忙な中でもきちんと単位を取るあたり、浜辺美波さんはとても真面目な性格をしているのでしょうね。

スポンサーリンク

デビューのきっかけも!

浜辺美波

続いて、デビューのきっかけについてお話しします。

浜辺美波さんが芸能界デビューしたのは小学4年生のときです。

『第7回 東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞したことがデビューのきっかけでした。

浜辺美波

当時は東宝所属のタレントとして活動していましたが、まだ上京しておらず、東京と石川県を行き来していたそうです。

高校1年生のときには連続ドラマ『咲 SAKI』で初主演を果たし、日本でアカデミー賞新人賞を受賞

浜辺美波

翌年1月にはドラマ『賭ケグルイ』でも主演を果たし、高校3年生のときには竹内涼真さんと『センセイ君主』でW主演を張っています。

現在は人気女優となり、若干21歳で年収3億円超。

浜辺美波

2019年には日本ジュエリーベストドレッサー賞10代部門を受賞し、2021年には第5回エランドール賞新人賞やVOGUE『第45回ベストコスメアワード2021 もっとも美しい人』を受賞するなど、演技力の高さや容姿の美しさを高く評価されています。

浜辺美波

2022年はドラマ『ドクターホワイト』での演技も注目を集めました。

今後も売れっ子女優として更に活躍していくことでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、浜辺美波さんの生い立ちについてお話ししました。

浜辺美波さんは幼い頃からとても可愛らしい顔立ちをしていましたね。

小学生のときには学校が嫌いだったそうですが、見事芸能界に進出し成功して本当によかったなと思います。

今後も浜辺美波さんの活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA