坂口健太郎の年収はいくら?ドラマや映画、CMのギャラや収入を確認!

坂口健太郎

スポンサーリンク

今回は、俳優・坂口健太郎さんの年収やギャラ・収入に関する話題をお届けします。

様々なドラマや映画、CMに出演する坂口健太郎さんですが、年収はいくらなのでしょうか?

人気作品に多数出演しているので、収入が気になりますね。

収入やギャラの内訳とともに、坂口健太郎さんの年収を確認していきましょう。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

坂口健太郎の年収はいくら?

坂口健太郎

ドラマや映画、CMに引っ張りだこの俳優・坂口健太郎さん

2021年も朝ドラ『おかえりモネ』に出演するなどして、人気を博しています。

坂口健太郎

そんな坂口健太郎さんですが、年収はいくらなのでしょうか?

2016年の年収は3090万円だったようですが、なんと2019年には1億円超えとなっているようです。

映画『64』で演技力が絶賛されたことで、知名度がうなぎのぼりに。

坂口健太郎

坂口健太郎さんの映画やCM、ドラマの2021年現在のギャラは推定ですが、以下のようになっています。

  • 主演映画:600万円
  • 出演映画:200万円
  • 主演ドラマ:1700万円
  • テレビ出演:30万円
  • 舞台:600万円
  • ラジオ:10万円
  • CM:5000万円

あの長澤まさみさんがCM一本8000万円といわれているので、坂口健太郎さんは5000万円ほどのギャラがあることでしょう。

また、上戸彩さんが主演ドラマ1話180万円ほどなので、全10話として考えれば坂口健太郎さんは1話170万円ということになりますね。

これは相当な額だといえます。

坂口健太郎

年収が1億円を超えた2018年は、ドラマや映画で以下のような出演歴がありました。

【2018年】

  • 出演映画:1本
  • 主演映画:1本
  • 主演ドラマ:2本

そして、2021年9月現在の坂口健太郎さんのドラマ・映画出演歴は以下の通りです。

【2021年】

  • 主演映画:1本
  • 出演ドラマ:3本
  • 主演ドラマ(スペシャルドラマ):1本

ギャラも以前よりアップしていることが予想できますし、主演ではなくてもドラマに3本も出演していれば、かなりの額を稼いでいるでしょう。

坂口健太郎

主演ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』が絶大な人気を誇り、2021年3月にスペシャルドラマとして復活しています。

一話限りですが、主演ということでギャラは500万円くらいでしょうか。

坂口健太郎

更に、2021年現在坂口健太郎さんはCMにも多数出演していますので、年収は1億5000万円以上は優に超えているといえます。

坂口健太郎さんほどの若さで1億円以上稼ぐなんて、芸能界ならではですね。

坂口健太郎

演技力が高いことで有名なので、今後もどんどん出演作品が増え、年収も上昇していくことが予想できます。

スポンサーリンク

ドラマや映画、CMのギャラや収入を確認!

坂口健太郎

坂口健太郎さんのドラマや映画、CMのギャラ・収入内訳はどのようになっているのでしょうか。

ここからは、収入の詳しい内訳を出演ジャンルごとに確認していきます。

スポンサーリンク

坂口健太郎のギャラ・収入 ①ドラマ

坂口健太郎

2021年9月現在、坂口健太郎さんは以下の3本のドラマに出演、1本のスペシャルドラマで主演を果たしています。

【2021年】

  • 『エアガール』(スペシャルドラマ)
  • 『婚姻届けに判を捺しただけですが』
  • 『おかえりモネ』
  • スペシャルドラマ(主演)『シグナル 長期未解決事件捜査班』

『シグナル』のスペシャルドラマは一話500万円と予想され、出演ドラマは一話150万円と予想されます。

坂口健太郎

なので、内訳は以下のようになります。

  • 出演ドラマ 150万円×10×=1500万円 1500万円×2=3000万円
  • 出演スペシャルドラマ 150万円×1=150万円
  • 主演スペシャルドラマ  500万円×1=500万円

ドラマだけで3650万円稼いでいることになりますね。

芸能人の年収って規格外のものが多くて感覚がマヒしますが、この時点で一般のサラリーマンよりはるかに稼いでいるなんて、凄すぎますね。

坂口健太郎

『おかえりモネ』は放送期間も長いので、推定金額よりも稼いでいる可能性があります。

スポンサーリンク

坂口健太郎のギャラ・収入② 映画

坂口健太郎

2021年、坂口健太郎さんは1本の主演映画に出演しています。

【2021年】

主演映画

劇場場シグナル 長期未解決事件捜査班

主演映画のギャラは一本600万円といわれているので、映画だけで600万円稼いでいることになります。

この時点でドラマと合わせて4200万円の年収になります。

坂口健太郎

あの渡辺謙さんでも映画のギャラが1000万円といわれているので、一本600万円というのがどれほどハイクラスかお分かりかと思います。

映画のギャラも、デビュー当初と比較するとかなり上がったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

坂口健太郎のギャラ・収入③ CM

坂口健太郎

そして、なんといっても坂口健太郎さんはCMのギャラが推定5000万円

かなりの多額のお金を動かしていることになります。

2021年に坂口健太郎さんが出演しているCMは以下の通りです。

TSUTAYA  『トーンモバイル』

スズキ 『アルト・ラパン・モード』

2本のCMに出演しているので、内訳は以下のようになります。

5000万円×2=1億円

そして、坂口健太郎さんは出演ドラマや主演ドラマの番宣で『めざましテレビ』や『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』など多数のテレビ番組に出演しています。

ラパン

テレビ出演は1回30万円ということですから、やはり少なくとも年収1億5000万円以上は稼いでいることになりますね。

スポンサーリンク

坂口健太郎のギャラ・収入④ 雑誌

坂口健太郎

坂口健太郎さんは、2017年まで『メンズノンノ』で専属モデルを務めていました。

その当時、雑誌だけで月に100万円稼いでいたそうです。

そして坂口健太郎さんは2021年も『リンネル』や『TV LIFE』『ViVi』や『SAVVY』など人気雑誌に多数出演しています。

2021年3月に20冊、6月に5冊の雑誌に出演しているようです。

坂口健太郎

出演した雑誌はファッション誌だけでなく、また専属モデルではないので、月100万円は難しいかもしれませんが、雑誌でもかなりの額を稼いでいるでしょう。

雑誌の出演ギャラも合わせたトータル年収を推定すると、1億6000万円~1億8000万円に到達しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、坂口健太郎さんの年収やギャラについてお話ししました。

女性から多大な支持を得る坂口健太郎さんですが、かなりの額を稼いでいることが分かりましたね。

今後も出演作品は増えていきそうです。

今後も坂口健太郎さんの活躍を、応援しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA