坂口健太郎は性格悪そう?天然でナルシスト?性格いい、優しいとの声も!

坂口健太郎

スポンサーリンク

今回は、俳優・坂口健太郎さんに関する話題をお届けします。

『おかえりモネ』などで活躍する坂口健太郎さんですが、ファンの間では「性格悪そう」と話題になっているようです。

SNSでは「性格いい」「優しい」という意見も見受けられるようですが、実際の性格は天然でナルシストという噂もあります。

一体、坂口健太郎さんはどんな性格をしているのでしょうか?

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

坂口健太郎は性格悪そう?

坂口健太郎

坂口健太郎さんといえば、多くのドラマや映画・CMで活躍する人気俳優ですね。

愛くるしい顔立ちと、笑ったときのえくぼが印象的です。

坂口健太郎

朝ドラ『おかえりモネ』で個性的で魅力的な菅波先生を演じ、多くの女性を魅了しています。

そんな坂口健太郎さんですが、SNSでは「性格悪そう」という意見が多く見受けられました。


私は坂口健太郎さんを「性格悪そう」と思ったことがないので、ちょっと意外な意見でした。

2017年には『10代男女がマジで性格悪そうだと思う男性芸能人』で、15位にランクインしています。

どうやら坂口健太郎さんが「性格悪そう」と言われる理由は、演じた役柄の影響のようです。

坂口健太郎

ドラマ『東京タラレバ娘』では、ズバズバ言いたいことを言うドSな役を演じています。

金髪姿が印象的でしたね。

坂口健太郎

また、朝ドラ『おかえりモネ』の菅波先生は、優しいながらも不器用で不愛想な印象があり、「なんだか性格悪そう」と思われてしまうようです。

ハマり役だからこそ、そのイメージがついてしまうのでしょう。

人気俳優ならではの苦悩ですね。

坂口健太郎

では、坂口健太郎さんの実際の性格はどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

天然でナルシスト?

坂口健太郎

『ちいさな英雄』完成披露試写会での坂口健太郎

続いて、坂口健太郎さんの実際の性格についてお話しします。

演じた役の影響で「性格悪そう」といわれている坂口健太郎さんですが、実は天然でナルシストな性格をしているようです。

坂口健太郎

以下が、現在判明している坂口健太郎さんの性格です。

  • 天然
  • 自己愛が強いナルシスト?
  • 周りの人に優しい
  • わんぱく
  • のんびり屋
  • 自分軸がある

実際の坂口健太郎さんの性格の詳細について、一つずつ確認していきましょう。

スポンサーリンク

坂口健太郎の性格① 天然

坂口健太郎

坂口健太郎さんは、意外なことに天然な一面も持っているそうです。

具体的には、台風で大雨の日に傘を持たないで仕事現場に現れるなど。

風で自然に乾くと思って傘を持ってこなかったようですが、かなり天然なことが分かりますね。

細かいことを気にしない性格ともいえるかもしれません。

坂口健太郎

それ以外にも、海外で仕事をして帰国した時におなかが空いて空港でおにぎりを買ったものの、帰りの車中でおにぎりを買ったこと自体忘れてしまったこともあるようです。

坂口健太郎さんは、小学生の頃から電車の中にランドセルを忘れるなど、天然で忘れっぽい性格でした。

そんなちょっと抜けているところも、人気の秘訣なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

坂口健太郎の性格② 自己愛が強いナルシスト?

坂口健太郎

坂口健太郎さんは、天然以外にも「ナルシスト疑惑」があるようです、

2020年に『徹子の部屋』に出演した際には、自己愛が強いことを明かしています。

父親が幼いころから「自分を愛しなさい」と教えてきたため、自分を愛せない人は他人を愛することができないという思考が刷り込まれているといいます。

エゴサーチも頻繁にするらしく、良い評価だけでなく悪い評価もチェックすると語っています。

しかし、悪い評価があっても気にしないそうです。

坂口健太郎

私は、この坂口健太郎さんのエピソードを見ても、自己愛が強い=ナルシストだとは思いません。

悪い評価も受け入れるということは、ありのままの自分をしっかり受け止めているということでしょう。

ナルシストというよりは、背伸びしないで前に進み続ける意識の高い性格なのかもしれませんね。

こうしたポジティブさがあるからこそ、俳優として成功しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

坂口健太郎の性格③ 周りの人に優しい

坂口健太郎

プライベートの坂口健太郎さんはとても温厚で、マネージャーからも「怒らない人」と言われています。

映画『仮面病棟』では、共演した永野芽郁さんが坂口健太郎さんのことを「誰とでも友達になれる」と評価しています。

仮面病棟

感謝の気持ちを大事にするので、映画の関係者にお礼をするために1日滞在時間を増やして食事会を開催したこともあるそうです。

また、同じく俳優の赤楚衛二さんは初出演作品で緊張マックスのときに、坂口健太郎さんから「大丈夫だよ」と声をかけてもらったそうです。

自分を愛しているからこそ、周りの人にも優しくできるのでしょうね。

坂口健太郎

こんな優しく気遣いができる人がいたら、撮影現場の雰囲気も良くなりそうです。

スポンサーリンク

坂口健太郎の性格④ わんぱく

坂口健太郎

子供の頃の坂口健太郎さんは、わんぱくな性格だったそうです。

保育園のかけっこでゴールするともう一周走ったり、保育園ノートに「健ちゃんは寝て治す」「僕はお兄ちゃんではない、ただの男なんだ!」と書かれていたというちょっと意外なエピソードを持っています。

発表会で『桃太郎』をやったときには、鬼を演じたいと言ったこともあるそうです。

坂口健太郎

今は穏やかな印象の坂口健太郎さんですが、幼少期はちょっと目立ちたがり屋でわんぱくな性格だったんですね。

スポンサーリンク

坂口健太郎の性格⑤ のんびり屋

坂口健太郎

また、坂口健太郎さんはLINEを未読で40~50件スルーしたり、番組アンケートの締め切りを守れないなど、ややのんびり屋な一面を持っているそうです。

LINEについては、相手がどんなに親しい人でもすぐに既読にしたり返信したりせず、自分のタイミングでチェックするといいます。

そのため、たまに友人にすぐ返信をすると「今日はラッキーな日だ」とからかわれることもあると明かしています。

坂口健太郎

これらのエピソードは『ホンマでっか!?TV』に出演した際に語られていますが、専門家によると以下のようなメリットがあるそうです。

  • 生物として生存するうえで有利
  • 長生きに適している

のんびり屋というか、相手に振り回されずのびのびと自分のペースで生活しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

坂口健太郎の性格⑥ 自分軸がある

坂口健太郎

過去に「変えたい過去はあるか?」と質問された坂口健太郎さん。

その際には「嫌なことや失敗はあるけど、変えてしまうと今の自分ではなくなるので、変えたい過去はない」と答えています。

悪い部分も含めて自分だと、ありのままの姿を受け入れているようです。

坂口健太郎

成熟した大人の男性らしい、地に足が付いた一面を持っているんですね。

人間は様々な過去や感情が入り混じって生きています。

それを無理に美化しようとしたりせず、まっすぐ自分に向き合っている坂口健太郎さんには頭が下がります。

スポンサーリンク

性格いい、優しいとの声も!

坂口健太郎

坂口健太郎さんの性格についてご紹介してきましたが、SNSではファンの間で以下のような意見がツイートされています。


「性格いい」「優しい」という意見が多く見受けられました。

やはり「性格悪そう」というのはあくまでも、役の影響なのでしょう。

坂口健太郎

赤楚衛二さんや永野芽郁さん、マネージャーの評価を見ても分かる通り、坂口健太郎さんは穏やかで優しい性格をしているのでしょうね。

今後も芸能界での評価が高まっていきそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、坂口健太郎さんの性格についてお話ししました。

坂口健太郎さんって、意外と天然だったんですね。

のんびりしていて優しい性格のようなので、そういった穏やかな役が増えたらいいなと思います。

今後も、坂口健太郎さんを応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA