横浜流星は演技下手?演技力や評判は?演技うまい、目の演技が凄いとの声! | NAGG BLOG

横浜流星は演技下手?演技力や評判は?演技うまい、目の演技が凄いとの声!

横浜流星

スポンサーリンク

今回は、横浜流星さんに関する話題をお届けします。

『DCU』など人気ドラマで活躍する横浜流星さんですが、一部で「演技下手」という評価が相次いでいます。

しかしその一方で「演技うまい」「目の演技が凄い」とも話題になっているようです。

横浜流星さんは本当に演技が下手なのでしょうか?

出演作品の演技に対する評判を確認していきましょう

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

横浜流星は演技下手?

横浜流星

横浜流星さんといえば、抜群のスタイルと整った顔立ちで若い女性から支持される人気俳優です。

今まで様々なドラマや映画に出演してきましたが、2022年も『DCU』に出演するなど俳優としてメキメキ頭角を現しています。

横浜流星流星

そんな横浜流星さんですが、演技力に対して辛辣な意見を述べる視聴者もいるようです。

どうやら横浜流星さんが出演した作品を見て、「演技下手」と思う視聴者が一定数いるみたいですね、

横浜流星さんの演技に対する評判を見ていて分かったことなのですが、以下のような特徴があることから「演技下手」と言われているようです。

  • 滑舌が悪い
  • 存在感が薄い
  • 棒読みに感じることがある

この3つの特徴から、演技が下手だと思っている視聴者が一定数存在するのも事実です。

横浜流星

ただ「滑舌が悪い」に関しては、『あなたの番です』に出演した際にサイコパス気質の工学部大学生を演じ、わざと淡々とした口調で話していたことがきっかけだったようです。

冷酷な性格の役なので感情を込めずに話す演技が正しいのですが、役に入り込みすぎて淡々と話しすぎ、何を言っているか分からないように感じてしまった視聴者がいたのだと思います。

横浜流星

また存在感が薄いというのは他の役者と比較したときに一部の視聴者が言っているだけでした。

棒読みに感じるというのは横浜流星さんが表情や目による演技が得意でスムーズに進行するドラマのテンポに合っていないため抑揚なくしゃべっているように感じたファンが少しいたというだけのようです。

横浜流星

このように「棒読み」「演技下手」という意見はごく一部のアンチが言っているだけで、ほとんどの視聴者は横浜流星さんの演技に対して「演技うまい」と思っているのだと思われます。

役者というのは役のイメージが付きやすいので賛否両論あって当然ですから、一部のアンチの意見はあまり気にしないでほしいなと思います。

スポンサーリンク

演技力や評判は?

横浜流星

では、横浜流星さんの演技力に対する評判は実際のところどうなっているのでしょうか?

ここからは、横浜流星さんが過去に出演した作品をもとに演技力に対する評価や評判を確認していこうと思います。

スポンサーリンク

演技力や評判① 『初めて恋をした日に読む話』


横浜流星さんは、2019年放送のドラマ『初めて恋をした日に読む話』で深田恭子さん演じるヒロインの相手役・ユリユリを演じたことをきっかけに俳優としてかなり注目を集めるようになりました。

横浜流星

ユリユリは愛情が足りない不良というちょっと難しい役柄ですが、当時まだ無名だった横浜流星さんは繊細な表情による演技で視聴者の女性を魅了し、結果的に『第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』を受賞しています。

横浜流星

動画を見ても分かる通り、切ない表情を上手く表現していて、見ている人を引き込む演技をしていますね。

Twitterでも、「横浜流星さんのユリユリの表情がいい」という意見が多数見受けられました。


ユリユリの粗暴な性格の裏に秘められた「愛されたい」という本音が、横浜流星さんの目つきや表情を見ているとよくわかります。

横浜流星

同作品で演技力を高く評価された横浜流星さんは、それ以降多くのドラマ・映画に出演することとなりました。

スポンサーリンク

演技力や評判② 『4分間のマリーゴールド』

2019年のドラマ『4分間のマリーゴールド』では、主人公・みことの義理の弟で家事や料理が得意な高校生・花巻藍を演じています。

横浜流星

『トッキュウジャー』でデビューしたときはアクション俳優という印象が強かった横浜流星さんですが、藍を演じるにあたって落ち着いた雰囲気や表情の演技を身につけ、演技派俳優として世間に認知されるようになります。

今まで横浜流星さんを知っていたファンの中にも、同作品を通して印象が変わった人が多かったようです。

スポンサーリンク

演技力や評判③ 『あなたの番です』

横浜流星さんといえば『あなたの番です』でのサイコパス理工学部生の印象が強い方もいるのではないでしょうか。

上記の西野七瀬さんとのラブシーンでも、女性の気持ちがわからず不器用な愛情表現をするなど、個性的なキャラクターを上手く演じています。

横浜流星

この役柄は淡々とした口調なのでそのせいで「滑舌が悪い」とか「棒読み」という意見も一部でありましたが、以下のようにアクションシーンも難なくこなしていたため、高い評価の方が圧倒的に多かったです。

さすが戦隊モノ出身なだけありますよね。

軽い身のこなしでハイレベルなアクションシーンを演じています。

横浜流星

ちょっと風変わりな役柄でしたが、違和感なく演じているのでやはり横浜流星さんは演技が上手いといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

演技力や評判④ 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』


2020年のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で清野菜名さんとダブル主演を果たした横浜流星さんは、作品内でかなりレベルの高いアクションシーンを披露しています。

動画を見ても分かるとおり、パンチやキックを繰り出した後清野菜名さんを容易にお姫様抱っこするなど目まぐるしい動きを見せています。

横浜流星

このドラマは私の父親も毎回楽しみに見ていたのですが、「主演の二人の演技がすごい」とよく言っていたことを思い出しました。

また横浜流星さんは、今までの出演作品を経てアクションだけでなく演技力もかなり高くなっています。

この作品でも繊細な表情や目配せで、視聴者をドキドキさせていましたね。

スポンサーリンク

演技力や評判⑤ 『DCU』

そして、横浜流星さんは2022年1月から放送されているドラマ『DCU』で潜水特殊捜査隊の若手隊員・瀬能陽生を熱演しています。

同作品では、陽生を演じる横浜流星さんの目力が凄い!と話題になっていました。

横浜流星

第一話の前半と終盤では、あるきっかけで陽生の性格が豹変するシーンがあるのですが、横浜流星さんの目力はそのときに最大限の力を発揮していたようです。

このように、Twitterでも『DCU』での横浜流星さんの目力や演技力を高く評価する意見が相次ぎました。

ドラマや映画での出演を重ねるごとに演技力が高くなる横浜流星さん、今後の展望が楽しみですね。

スポンサーリンク

演技うまい、目の演技が凄いとの声!

横浜流星

そんな横浜流星さんですが、Twitterでは以下のような意見が見受けられました。

「演技うまい」「目の演技が凄い」と演技力に対して高い評価をツイートするファンがたくさんいました。

横浜流星

やはり「演技下手」と言っているのはごく一部で、ほとんどのファンが「横浜流星さんは演技が上手い」と思っているのでしょう。

いろいろな意見がありますが、横浜流星さんには今後も高い演技力でファンを魅了してほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、横浜流星さんの演技力についてお話ししました。

横浜流星さんが出演した作品を確認していくと、アクションシーンに関してはかなりのレベルの高さを誇っていることが分かりますね。

表情による演技も繊細で上手いので、今後俳優としてますます重宝されるようになるのではないでしょうか。

横浜流星さんのこれからの活躍に、期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA