竹野内豊の学歴や偏差値・向陽中学校や豊南高校!大学はどこ?

竹野内豊

スポンサーリンク

俳優として活躍し、これまでに数多くのドラマや映画に出演している竹野内豊さん。

50歳になっても変わらずカッコいいですし、憧れを抱く男性も多いのではないでしょうか。

そんな竹野内豊さんの、学歴偏差値について気になりますね。

噂によると中学校は向陽中学校で、高校は豊南高校との情報もありました。

そこで、竹野内豊さんの大学はどこなのかも一緒に、学歴や偏差値について詳しく見ていきましょう。

こちらも読まれています。

竹野内豊の学歴・西富小学校

竹野内豊

早速ですが、竹野内豊さんの学歴や偏差値について紹介します。

竹野内豊さんの出身小学校は、所沢市立西富小学校です。

西富小学校

小学生時代の竹野内豊さんは活発な男の子だったそうで、よく近くにある川へ釣りをしに行ったり、山を探索したりしていました。

竹野内豊さんは外で遊ぶのが好きな男の子だったのでしょうね。

竹野内豊

運動神経も抜群だった竹野内豊さんは、器械体操も行っていました。

さらに、絵画も習ってたそうで芸術的な感性も磨いていきました。

竹野内豊さんは、当時から様々な才能があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

竹野内豊の学歴・向陽中学校

向陽中学校

所沢市立西富小学校を卒業した竹野内豊さんは、所沢市立向陽中学校に入学しています。

偏差値についての情報は、残念ながらわかりませんでした。

中学時代には周囲の女子から所沢の東山と呼ばれていたそうで、特に下級生の女子から人気がありました。

竹野内豊

東山紀之さんといえば、ジャニーズの少年隊メンバーとして当時絶大な人気を誇っていました。

そんな東山紀之さんに例えられていたということは、当時の竹野内豊さんも相応イケメンで男らしかったのではないでしょうか。

竹野内豊

実際、竹野内豊さん自身も中学生の頃が1番モテたと発言していました。

卒業式のときには制服のボタンが全部なくなったそうで、竹野内豊さんのモテモテっぷりがわかるエピソードですね。

 

小学生時代から行っていた器械体操を中学時代にも取り組んでおり、なんとバク転もできたとのこと。

かっよくて運動神経も抜群だったので、モテていたのも納得できますね。

スポンサーリンク

竹野内豊の学歴や偏差値・豊南高校

豊南高校

所沢市立向陽中学校を卒業後、豊島区の私立豊南高校へ入学しました。

現在の豊南高校は共学ですが、竹野内豊さんの入学時は男子高校でした。

当時は普通科と商業化の2コースがあり、偏差値は50前後とやや高めですね。

竹野内豊

豊南高校は校則が非常に厳しい学校で、身だしなみなどきちんとしなければいけませんでした。

竹野内豊さんも真面目な高校生活を送っていたそうで、グレたりすることもなかったとのこと。

それだけ環境が良い高校だったのでしょうね。

竹野内豊

そんな竹野内豊さんは、高校時代にモデルデビューを果たしました。

モデルになったきっかけは、母親と姉がオーディションに応募したことでした。

当時から相当イケメンだったそうなので、母親や姉もモデルとしていけるんじゃないかと思っていたのかもしれませんね。

 

モデル活動を行っていた高校時代には、意外にも彼女はいなかったとのこと。

当時の豊南高校は男子校だったこともあり、なかなか女子と接することもなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

大学はどこ?

竹野内豊

高校時代からモデル活動をスタートした竹野内豊さんは、大学へは進学せずにモデルの仕事に専念しています。

しかし、もともとモデル志望ではなかった竹野内豊さんは、23歳の頃に俳優へ転身

今では日本を代表する俳優ですが、俳優に転身したばかりの当初はなかなか上手く演技ができずに、伸び悩む時期もありました。

俳優になって大ブレイクしたイメージもありますが、竹野内豊さんは陰で相当な努力をしてきたのではないでしょうか。

竹野内豊

そんな竹野内豊さんは1995年のドラマ『星の金貨』第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞を受賞

その後に出演した1997年のドラマ『ビーチボーイズ』で反町隆史さんとW主演を務めて以降、絶大な人気となりました。

竹野内豊

その後も数々の人気作品に出演すると、本アカデミー賞第25回優秀主演男優賞ブルーリボン賞第54回主演男優賞などを受賞しています。

当時は悩んでいた演技ですが、今では日本でもトップクスの高い演技力を披露しており、まさに日本を代表する俳優さんですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、竹野内豊さんの学歴や偏差値についてまとめました。

竹野内豊さんは所沢市立西富小学校卒業後、所沢市向陽中学校に入学しています。

高校は豊南高校で、大学には進学せずにモデル活動に専念していました。

 

当時から竹野内豊さんはイケメンで、周囲の女子たちから相当モテていました。

運動神経も抜群で、勉学に真面目に取り組んでいたとのこと。

何でも真面目に取り組んできた竹野内豊さんだからこそ、俳優としても成功しているのではないでしょうか。

そんな竹野内豊さんを今後も応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA