竹野内豊は棒読みで演技下手?演技力や評判は?演技うまい、好きとの声!

竹野内豊

スポンサーリンク

これまでに数多くのドラマや映画に出演し知名度も高い人気俳優の竹野内豊さん。

1994年のドラマ「ボクの就職」で俳優デビューし、現在もなお多くの人々を魅了し続けています。

そんな竹野内豊さんですが、ネット上では「棒読みで演技が下手?」という声が見受けられました。

その一方で「演技がうまい」「演技が好き」という声も見られます。

 

果たして竹野内豊さんの演技は下手なのでしょうか?

そこで、竹野内豊さんの演技力や評判について詳しく見ていきましょう。

こちらも読まれています。

竹野内豊は棒読みで演技下手?

竹野内豊

ネット上では竹野内豊さんの演技に対して「棒読みで下手」という声が見られました。

実際にSNSを見てみると、たしかに竹野内豊さんの演技力に対して「棒読み」という意見が多数ありました。

【ドラマ】

  • 星の金貨シリーズ
  • 理想の結婚
  • ロングバケーション
  • ビーチボーイズ
  • 氷の世界
  • 真夏のメリークリスマス
  • BOSSシリーズ
  • 義母と娘のブルース

【映画】

  • 冷静と情熱のあいだ
  • 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-
  • 謝罪の王様
  • シン・ゴジラ
  • ラストレシピ~麒麟の下の記憶~
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
  • 孤狼の血

竹野内豊さんがこれまでに出演した作品をいくつかピックアップしましたが、実際にもっと多くの作品に出演しています。

ピックアップした作品だけ見ても、数多くの人気ドラマや映画に出演していたことが一目で分かりますね。

これらのことから、少なからず演技力は高いと言えるのではないでしょうか。

竹野内豊

また、竹野内豊さんは2001年に映画「冷静と情熱のあいだに」で第25回優秀主演男優賞を受賞、2011年には映画「太平洋の奇跡」で第54回主演男優賞を受賞しています。

このような素晴らしい賞を受賞していますので、演技力はお墨付きなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

演技力や評判は?

竹野内豊

ここからは竹野内豊さんが実際に出演してきた作品をもとに、演技力や評判について深掘りしていきましょう。

2002年 ドラマ『サイコドクター』

竹野内豊

2002年に放送されたドラマ「サイコドクター」では、個人経営のメンタルクリニックで患者の治療を続けている精神科医の楷恭介役を演じました。

ネット上では「竹野内豊さんの演技に泣いた」「竹野内豊さんの演技が最高だった」と絶賛されています。

人の心を動かすような迫真の演技だったことが分かりますし、なにより演技力の高さがうかがえますね。

スポンサーリンク

2009年 ドラマ『BOSS』

竹野内豊

2009年に放送されたドラマ「BOSS」では、最年少昇進記録を更新するほどの有能な警察官僚である野立信次郎役を演じました。

ネット上では「楽しそうな演技がすてき!」「演技力がすごい」といったプラスな意見ばかり見られます。

視聴者にも伝わる楽しそうな演技、とても素晴らしいですよね。

スポンサーリンク

2012年 ドラマ『もう一度君に、プロポーズ』

竹野内豊

2012年に放送されたドラマ「もう一度君に、プロポーズ」では、主要人物である整備士の宮本波留役を演じました。

ネット上では「優しい演技」「完璧な演技」と称賛の声がたくさん寄せられています。

たくさんの女優や俳優がいる中で”完璧な演技”と称される方はそんなに多くはないと思いますので、どれだけ竹野内豊さんの演技力がすごいのかよく分かりますね。

スポンサーリンク

2016年 映画『シン・ゴジラ』

竹野内豊

2016年に公開された映画「シン・ゴジラ」では、内閣総理大臣補佐官である赤坂秀樹役を演じました。

ネット上では「演技のテンポが遅くて下手くそに見える」「表情・演技が好き」という賛否両論の意見があります。

テンポが遅れていることで演技がイマイチと思う方もいたようですね。

ただ、圧倒的に演技力を褒める方の方が多かったので、竹野内豊さんの演技力は高いと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

2018年 ドラマ『義母と娘のブルース』

竹野内豊

2018年に放送されたドラマ「義母と娘のブルース」では、主人公である宮本亜希子(綾瀬はるか)役の夫を演じました。

ネット上では「演技が素晴らしくて面白い」「演技が切なすぎる」という声が多くあります。

テレビ画面から切なさや面白さが伝わるというのは、本当に素晴らしい演技力だからだと思います。

竹野内豊さんの演技力の凄さが再認識できますね。

スポンサーリンク

2019年 映画『カツベン!』

竹野内豊

2019年に公開された映画「カツベン!」では、活動写真好きの刑事・木村忠義役を演じました。

ネット上では「インパクトがあった」「ギャップが素晴らしかった」とプラスな意見だけが見られました。

どんな役でもこなしてしまう竹野内豊さんの演技力は本物と言えるでしょう。

スポンサーリンク

演技うまい、好きとの声!

竹野内豊

紹介した作品以外でも「演技うまい」「演技が好き」との声が多く見られました。

実際にネット上を見ても「演技力が上手すぎて泣ける」「演技が好き」など、多くの人が竹野内豊さんの演技力を高く評価していました。

どんな役柄でも演じきることができる竹野内豊さん、その演技力の高さは現在もなお多くの人々が魅了されています。

竹野内豊

作品によっては演技が下手と思う人もいるのが事実ではありますが、2001年に優秀主演男優賞を受賞、2011年にも主演男優賞を受賞しているため、演技力の高さは証明されていますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、竹野内豊さんの演技力や評判についてまとめました。

作品によっては「演技が下手」という声もありましたが、圧倒的に演技力を高く評価する人の方が多く見られました。

どんな役もハマってしまう竹野内豊さん。

今後どんな役を演じていくのか、引き続き竹野内豊さんに注目していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA