小栗旬の生い立ち・幼少期から現在まで!デビューのきっかけも!

小栗旬

スポンサーリンク

今回は、小栗旬さんに関する話題をお届けします。

イケメンで人気俳優の小栗旬さんですが、幼少期から現在にかけてどんな生い立ちのもと育ったのでしょうか?

どういう経緯でデビューしたかも気になりますね。

小栗旬さんの生い立ちや、デビューのきっかけをご紹介します。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

小栗旬の生い立ち・幼少期から現在まで!

小栗旬

まずは、小栗旬さんの生い立ちからご紹介します。

小学生から現在に至るまでのエピソードや出身学校など詳しくお話しします。

スポンサーリンク

小栗旬の小学生時代

小栗旬

小栗旬さんは、小平市立小平第三小学校出身です。

小学生時代の小学生時代は内田有紀さんの大ファンだったようですが、これらのエピソードはデビューのきっかけの見出しで詳しくお話しします。

小栗旬

小学校に入る前は蟻と遊ぶなど人見知りが激しい内向的な少年でしたが、小学校に入ってからは住んでいた団地内の空き地で毎日野球をしていました。

プロ野球選手を夢見るほど、活発な少年だったそうです。

スポンサーリンク

小栗旬の中学生時代

小栗旬

小栗旬さんは小平市立上水中学校出身です。

今や明るいキャラクターで知られている小栗旬さんですが、中学時代にはいじめを受けていました。

小栗旬さんは小学生時代にすでにデビューし、子役として活躍していました。

そのため多忙で学校を休みがちになり、クラスメイトから無視をされたり机を捨てられたりしたそうです。

小栗旬

他にも机の中にゴミを入れられたり、席を離れたときにカバンをびしょ濡れにされたり、結構過酷ないじめを受けていました。

その影響もあり小栗旬さんは、不登校となってしまいます。

卒業式にも参加していないようです。

学校に居場所が無くなってしまった小栗旬さんの味方は、両親だけでした。

小栗旬

いじめの事実を知ったお父様はすぐに学校に行き、帰ってきて「もう学校いかなくていい」と言ってくれたそう。

小栗旬さんが不登校となり学校に行くのをやめたのは、お父様がこうやって認めてくれたからかもしれませんね。

小栗旬

このエピソードからお父様はとても包容力があり、優しい方だというのが伝わってきます。

いじめを受けていたときはつらかったと思いますが、ご両親の優しさを改めて体感できた瞬間だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

小栗旬の高校時代

小栗旬

中学校を卒業した小栗旬さんは、私立明星学園高等学校に進学します。

高校時代は虚勢を張ってヤンチャをしていたというエピソードも。

こちらの学校は土屋アンナさんや中村獅童さんらも卒業していますが、偏差値は59とお勉強がそこそこできないと入学できないようです。

しかし、その反面個性を尊重した自由な校風で、生徒たちがファッションやヘアアレンジを思い思いに楽しめる環境でした。

小栗旬

すでに芸能活動をしていた小栗旬さんも、自由な校風に誘惑されオーディション直前にモヒカンにしてしまいます。

眉毛も全剃りし、オーディションが中止になってしまい、お父様は大激怒。

「お前がしたいことはそういうことじゃないだろ!」

こう言い放ち、小栗旬さんを叱責したそうです。

小栗旬

これがきっかけで小栗旬さんは2年生の終わりに高校を中退しています。

お父様はもう学生じゃないなら家を出ていけ、と一人暮らしを促し、お金がたまったタイミングで実際に一人暮らしを始めたそう。

そのため、小栗旬さんは大学に進学していません

小栗旬

高校生は一番遊びたい年頃だと思うので、派手な髪型にしたい小栗旬さんの気持ちもよく分かります。

ただ、お父様の言っていることも正しい気がしますね。

言い方は厳しいけど、お父様は小栗旬さんの将来をきちんと考えてアドバイスのつもりで叱ったのかもしれません。

スポンサーリンク

高校時代は背が低かった?!

小栗旬

現在身長184cmと大柄な小栗旬さんですが、16歳だった高校生時代は160cmほどしかなかったそうです。

1998年に出演したドラマ『GTO』では小柄でいじめられっ子な吉川のぼるを演じていますが、そのときの画像を見ても、ものすごく小柄だったことが分かります。

小栗旬

反町隆史さんとの身長差がすごいです。

男の子の成長って本当に早いですから、このあとぐんぐん背が伸びたことでしょう。

スポンサーリンク

デビューのきっかけも!

小栗旬

小栗旬さんが芸能界デビューしたのは、11歳小学6年生のときでした。

さきほどもお話ししたように小栗旬さんは当時内田有紀さんの大ファンでした。

そのため、内田有紀さんに会いたい一心で新聞に掲載されていた児童劇団に入団したそうです。

小栗旬

子役エキストラとして活動を開始しますが、お父様は「絶対続かない」と反対していました。

しかし、小栗旬さんは「何年かだけでもやりたい!」と懇願し、13歳のときについに大河ドラマ『八代将軍吉宗』に出演

翌年も大河ドラマ『秀吉』に出演するなど、着実に名を馳せていきました。

大河ドラマ

小栗旬さんは1995年の『八代将軍吉宗』から2013年の『八重の桜』まで、なんと6回も大河ドラマに出演しています。

お父様は「続かない」と言っていた芸能の世界ですが、子役として注目されどんどんのし上がっていき、『花より男子』の花沢類役で大ブレイク。

小栗旬

更に2008年に『貧乏男子 ボンビーメン』でドラマ初主演を果たし、エランドール賞など多数の賞を受賞します。

2012年にはモデルの山田優さんと結婚し、現在私生活では3児の父親に。

小栗旬

その後も『銀魂』や『人間失格』『キャラクター』など映画にも多数出演し、今や人気俳優として第一線で活躍中。

2020年はハリウッド進出も果たし、2021年にはドラマ『日本沈没』で主役を演じるなど、その勢いは衰えるところを知りません。

今後もお子さんや山田優さんのために、どんどん活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、小栗旬さん生い立ちについてお話ししました。

小栗旬さんって子役時代から活躍していたんですね。

中学時代はつらいイジメも経験しましたが、今は立派な父親になり、俳優としても大活躍しています。

今後も家族のために第一線で活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA