石原さとみの声がうるさい?キンキン声で嫌い、イラッとすると話題に!

石原さとみ

スポンサーリンク

ドラマや映画など幅広い場で活躍している石原さとみさん

第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリを受賞した後、本格的に女優活動をスタートし、『失恋ショコラティエ』や『アンナチュラル』など人気ドラマの主演を務め、その人気は今もなお健在です。

そんな石原さとみさんですが、「声がうるさい」「キンキン声で嫌い」「イラっとする」などとネットで話題となっています。

そこで、今回は実際のネットの声を見ながら石原さとみさんの声について深堀していきたいと思います!

こちらも読まれています。

石原さとみの声がうるさい?

石原さとみ

ネット上では、石原さとみさんの「声がうるさい」といった声があがっています。

このような声があがっている要因としては、石原さとみさんのドラマでの役柄が影響していると考えられます。

2018年7月11日から放送された日本テレビ系の水曜ドラマ『高嶺の花』(たかねのはな)で石原さとみさんは華道の名門「月島流」本家の長女の月島もも(つきしまもも)役を演じていました。

月島ももは婚約者の三浦貴大演じる吉池拓真に浮気されたことをきっかけに吉池を付きまとうなどの行為を繰り返してしまうなど、その後も破天荒な行動を繰り返してしまいます。

役柄的に派手な演技が求められることから、「声がうるさい」といった声があがっているのではないでしょうか。

2019年7月9日から放送されたTBSテレビ火曜ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』で石原さとみさんは、ヒロインの黒須仮名子(くろす かなこ)役を演じていました。

黒須仮名子はミステリー作家で、思い付きで周囲を振り回すというキャラです。

また『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』は漫画が原作ということも相まって感情起伏が激しい演技が求められるため、その演技が視聴者の方に拒否感を示されてしまったのではないかと考えられます。

石原さとみ

2018年1月12日から放送されたTBSテレビ系金曜ドラマ『アンナチュラル』で石原さとみさんは、小悪魔的な法医解剖委三澄ミコト(みすみ みこと)役を演じていました。

『アンナチュラル』は、平均視聴率が11%を超えており、また、コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2018、第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞、第44回放送文化基金賞など多くの賞を受賞した大ヒットドラマとなりました。

しかし、上記の『高嶺の花』や『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』の際にあがっていた「声がうるさい」という声はほとんどありませんでした

このことから、石原さとみさんの声がうるさいのではなく、石原さとみさんの演じる役柄が影響していることが分かります。

スポンサーリンク

キンキン声で嫌い、イラッとすると話題に!

石原さとみ

ネット上では、「キンキン声で嫌い」「イラっとする」といった声があがっています。

実際に石原さとみさんが喋っている動画を見ながら深堀していきましょう。

上の動画は2019年9月20日に放送された日本テレビ系水曜ドラマ『地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子』のワンシーンです。

声がキンキンしているといった声もあがっていましたが、一方で「あんなに早口で話すなんて凄い」といった声もあがっており、意見は分かれていました。

石原さとみさんの声が高いということは伺えますが、うるさいという程ではなさそうです。

また、石原さとみさんの声の高さと早口でセリフを言うシーンがハマっていて演技を評価しているといった声も多くありました。

このようにドラマによって肯定的な意見と否定的な意見が分かれるため、演じている役柄の影響がやはり大きいようですね。

スポンサーリンク

まとめ

石原さとみさんの声について、深堀していきました。

石原さとみさんの声の賛否についてですが、ドラマで演じる役柄によって意見が分かれていることが多い事が分かりました。

特に、平均視聴率11%越えの大ヒットドラマ『アンナチュラル』では石原さとみさんの声がうるさいといった声が少なかったことから、石原さとみさん自体の声がうるさいというわけではないことが分かります。

他にも、石原さんの声の高さがはまっていて演技が凄いといった、声の高さを高評価している声も多くあがっていました。

結婚後も数多くのドラマ出演を決めており、今後も勢いがとまらないことが予想される石原さとみさんの今後の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です