芳根京子の学歴や偏差値・都立富士高校はデマで都立深沢と東海大付属望星!大学はどこ?

芳根京子

スポンサーリンク

売れっ子女優の芳根京子さんは、演じる役柄だけでなく学歴にも注目が集まっているようです。

芳根京子さんは都立富士高校出身という噂がありますが、これはデマで実際は深沢高校から東海大付属望星に編入したそう。

芳根京子さんが通っていた学校はどこで、学校の偏差値はどのくらいなのでしょうか?

そこで、芳根京子さんの学歴や学校の偏差値を詳しく深堀していこうと思います。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク

芳根京子の学歴・中瀬中学校

芳根京子

芳根京子さんの学歴ですが、まずは中学校からお話しします。

芳根京子さんは東京都の杉並区立中瀬中学校出身です。

偏差値はありません。

芳根京子さんは中瀬中学校に2009年4月に入学し、2012年3月に卒業しています。

スポンサーリンク

中学時代のエピソード

芳根京子

芳根京子さんは、中学時代吹奏楽部に所属し、フルートを担当していました。

小学生の頃からフルートをやっていた芳根京子さんは、周りの人にスカウトされたことがきっかけで吹奏楽部に入部したそうです。

芳根京子さんは今まで引っ込み思案だったのですが、吹奏楽部で周囲に必用とされたことで性格が変わっていきました。

中学校生活では3年間部活に熱中して、熱があっても早退せず一生懸命部活に取り組んだようです。

ただ吹奏楽部といえど体育会系のノリでかなりハードな練習だったみたいです。

叔母さんがピアノを弾いている横で芳根京子さんがフルートを吹く動画が、YouTubeに投稿されています。

今でも年末年始などは親戚揃って楽器を演奏する恒例行事があるそうです。

芳根京子

そんな中、芳根京子さんは中学2年生のときに難病・ギランバレー症候群を患ってしまいます。

この病気は脳から発信される伝達が筋肉に伝わらず力が入りにくくなってしまう病気です。

女優の大原麗子さんもこの病気と闘い、亡くなっています。

芳根京子

芳根京子さんは闘病中笑うことが少なくなっていたのですが、楽しいと思えることを一生懸命探してポジティブな気持ちで過ごしていたそうです。

ギランバレー症候群は後遺症も残らず、再発率も2%程度と低いため、現在の芳根京子さんは健康といえるでしょう。

また、芳根京子さんは中学時代にすでに芸能事務所からスカウトされていました。

芳根京子

しかし、当時は芸能活動に全く興味がなかったため事務所入りはしていません。

部活動一筋でテレビやドラマ・映画などには見向きもしなかった芳根京子さんですが、1日に5回もスカウトされることもあったらしく美少女ぶりは当時から健在でした。

スポンサーリンク

芳根京子の学歴や偏差値・都立富士高校はデマ!

芳根京子

2012年3月に中瀬中学校を卒業した芳根京子さんは、その後高校に進学します。

一部では芳根京子さんが都立富士高校に通っていたという噂もありますが、これはデマです。

都立富士高校の偏差値は66で校則が結構厳しいみたいです。

芳根京子

なぜ芳根京子さんが都立富士高校に通っていたという噂が流れたのかというと、ブログで「校則の厳しい都立高校に1年間通っていた」と高校時代のエピソードを語っているからです。

校則の厳しい都立高校ということで都立富士高校の名前が挙がりましたが、こちらはデマだったようです。

スポンサーリンク

芳根京子の学歴や偏差値・深沢高校から東海大付属望星高校へ

芳根京子

芳根京子さんは、2012年4月に深沢高校に進学します。

都立の高校で校則が厳しいのは富士高校以外に深沢高校も挙げられ、芳根京子さんが通っていたのはより校則が厳しい深沢高校だったようです。

深沢高校の偏差値は40です。

芳根京子

高校1年生のときから芸能活動をスタートさせた芳根京子さんは、芸能活動に専念するため高校2年生で東海大附属望星高校に編入


東海大附属望星高校は通信制ということで偏差値はありません

高校を編入した芳根京子さんですが、もともと通っていた深沢高校のクラスメイトとはとても仲が良かったようで、誕生日にクラスのみんなから寄せ書きをもらったり文化祭に遊びに行くなど、転校後も深沢高校と交流があったようです。

スポンサーリンク

高校時代のエピソード

芳根京子

高校時代の芳根京子さんは、1年生のときに友達に誘われて見に行った遊助さんのライブでスカウトされ、芸能界入りを決意します。

スカウトされたのは深沢高校時代でしたが、芸能活動を本格化させるため、高校2年生のときに通信制の東海大附属望星高校に編入します。

芳根京子

深沢高校1年生のときには文化祭の出し物で映画を製作し、芳根京子さんは監督と編集を務めました。

友人と共同で脚本も担当し、放課後は脚本執筆と撮影、帰宅後は深夜まで映像編集をしていたそうです。

芳根京子さんが製作した映画は『ちびまる子さん』という作品で、ちびまる子ちゃんの20年後を描いた作品で『サザエさん』のわかめちゃんも登場するという世界観でした。

この作品はかなり好評で、クラス展示部門で2位に選ばれたそうです。

芳根京子

今まで芸能界に興味のなかった芳根京子さんですが、映画製作を通して芸能界に興味がわき、高校1年生のときに現在の所属事務所に在籍することを決意しました。

高校2年生で転校するときは、クラスメイトとの別れがつらかったそうです。

しかし、クラスのみんなに「あのとき行動してよかったね」と言ってもらえるように女優業を頑張ろうと固い意思を結びました。

芳根京子

そして高校2年生でドラマ『ラストシンデレラ』で女優デビュー。

同作品に出演した際、プロデューサーから謙虚な気持ちを忘れないようアドバイスされたのですが、それは今でも芳根京子さんの心に響いているようです。

芳根京子

高校3年生では『物置のピアノ』で映画初主演も果たし、朝ドラ『花子とアン』にも出演

芳根京子

当時から高い演技力を誇っていた芳根京子さんは、天性の演技力で次々とオーディションに合格し「オーディションキラー」「オーディション荒らし」と呼ばれていました。

芳根京子さん自身はデビュー当初こそ順調だったものの、その後オーディションに落ち続けていた時期もあり「オーディション荒らし」という呼び名はプレッシャーだったそう。

芳根京子

スランプだった時期はマネージャーと喧嘩になり、「やめられたら困るくらいの大きい女優になってやる」と言い返したこともあります。

そのときマネージャーとは大喧嘩でしたが、現在は信頼関係で結ばれており、マネージャーも人間としてとても魅力的な人物であることが分かります。

高校後半では女優としての才能を開花させていきますが、きちんと仕事と学業を両立させることができ、2015年3月に無事高校を卒業しています。

スポンサーリンク

大学はどこ?

芳根京子

芳根京子さんは、高校卒業後料理の専門学校へ通うことを検討していましたが、公式ブログで女優業に専念することを明かしています。

そのため、大学や専門学校には進学していません。

ただ女優として成功した暁に料理の専門学校に行くという願望があるようで、いつかその夢を実現させたいそうです。

芳根京子

芳根京子さんの知名度は現在うなぎのぼりなので、今後国民的女優になれば念願の料理学校通学も可能かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、芳根京子さんの学歴についてお話ししました。

芳根京子さんは中学時代、難病を患っていたのですね、

それを克服して自らの世界を広げるために芸能界デビューを果たす姿はとてもかっこいいです。

今後女優として更にブレイクし、ぜひお料理の専門学校に通うという夢を叶えてほしいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA